京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
『日本人にとって美しさとは何..
at 2018-01-30 04:59
「FLOATING」終了と年..
at 2018-01-03 02:18
臨時休廊のおしらせ:12月1..
at 2017-12-11 18:25
「FLOATING」展オープ..
at 2017-10-28 13:56
改装のこと (4) ギャラリ..
at 2017-10-21 01:52
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『日本人にとって美しさとは何か』とは何か

子供とチャンバラ遊びをするためにダンボールと新聞紙で刀をつくっていたときに、押入れの中から2015年12月の京都新聞が出てきた。約2年前の新聞にはどんなことが載ってるのかな、とパラパラと見ていたら、書評欄みたいなところに高階秀爾の記事があったので、切り抜いて、あとで読んでみた。

そしてがっかりした。

a0123573_04322558.jpg

高階秀爾の『日本人にとって美しさとは何か』という著書を紹介するための記事で、その本を僕は読んでいない。だからその本の内容についてはこの記事から判断するしかなく、この記事がその本に関するすべてを言い尽くしているわけではないだろうということも理解しているのだけれど、買って読んでみようという気はゼロになってしまったのでそのことを検証する機会もたぶんこれから先訪れることはないだろうという気がする。

「日本人の美意識は細やかで柔軟。西洋とは違う、独特のものです」という高階氏の言葉が記事の冒頭で紹介されている。これがこの『日本人にとっては美しさとは何か』という本の基調をなす考え方なのだとすると、日本人には四季を愛でる繊細な感性があって、世界の中でも独自の美を生み出してきた、という使い古されたクリシェに乗っかっただけの、まともに取り上げるに値しない粗雑な論考だということに、残念ながらなってしまうだろう。

「季節のうつろいを楽しむ感覚、余白や不完全なものを美しいと思う心。こうした美意識は〈中略〉日本文化全体の根底を流れている」という言葉が記事の中に出てくる。これは高階氏の言葉ではないが、こうした「美意識」が、しかし、日本文化全体の根底を流れているという仮説にはいくらでも反証を挙げることが可能だし(例えば「洛中洛外図」や平安の「源氏物語絵巻」あたりは「余白を美しいと思う心」の発露などかけらも見えない)、それが日本以外の国や国民には全く存在しないということも単純にありえない(不完全なものを美しいと思う心は、古くはレンブラント、新しくはサイ・トゥオンブリーあたりを見れば西欧文化にも存在していることはすぐにわかる)。

四季があるのも日本だけではないし、その四季のうつろいに美を見出して芸術の中で表現してきたのももちろん世界の中で日本人だけではない。日本では古くから中国の漢詩が基礎教養として位置づけられてきたわけだが、漢詩にももちろん季節感を表現したものは多くあり、それが和歌や俳句の世界にも引き継がれていることは疑いの余地がない。西洋美術を見ても、ブリューゲルの冬景色などは繊細で美しいし、アルチンボルドもミュシャも四季をテーマにした作品を残している。日本美術の表現と違うからといって、ヨーロッパの画家たちが四季を愛でる心を持っていなかったなどと断じることはできない。逆に浮世絵版画の大首絵などには季節感を感じさせるものは(当たり前だが)ほとんどない。

記事の中で特に大きく紹介されているのが、江戸末期から明治初期に西洋絵画導入の先駆けとなった司馬江漢や高橋由一らの「和製油画」(高階氏の造語らしい)だ。西洋の油彩画の模倣をしようとしたのだが、そこに日本的なものが巧まず無意識のうちに入り込んでしまって、日本独自の油彩表現が生まれた、という分析なのだが、これにしても日本以外のアジア諸国における油彩の導入との比較なしに「日本は独特」と決めつけてしまうのは無理があるだろう。

確かに、東アジアにおいては日本がいち早く西欧文化を取り入れた近代化に成功し、その後軍事的にも経済的にもアジアに進出し植民地化も進めたので、中国や朝鮮半島における西洋文化・西洋美術の受容の一部は日本というフィルターを通したものであったという側面は否定できないし、そのせいで日本と他のアジア諸国との間にフラットな比較が成り立ちにくいというのも事実ではある。しかし、そうであればこそ、日本が文化的に独特でユニークである、したがって西洋絵画の受容のあり方も独特でユニークであった、という主張については、大きな留保マークを付けておかなければならないのではないだろうか。歴史政治的な要因と文化的な要因を混同してはならない。

少なくともこの記事から読み取る限り、この本には「アジアの一部としての日本」という視点が完全に欠落している。西洋対日本という軸だけが存在していて、その他の国々や人々はすべて捨象されている。そしてその「日本」にはおそらく沖縄や奄美、そしてアイヌも含まれてはいない。ここ最近この社会に蔓延している「日本すごい」の自国礼賛、自己満足の軽薄さだけが色濃く漂っている。

翻って考えてみれば、モネの絵画を見て「フランス人独自の美意識」と呼んだり、ミケランジェロの彫刻を前にして「完璧さを追求するイタリア人ならでは感性」などと分析することなどありえないではないか(イタリア人が完璧主義者だって?!)。なぜ日本文化を取り上げるときに限って「日本的」とか「日本独自の」とかいう国民国家的な形容をつけなければ気が済まないのだろうか。しかも同じ日本人の表現の中に細かい差異を読み取ることができるはずの我々日本人自身が。

文化や芸術の面白さは、人が生み出した(そして生み出している)ものだということだろう。生まれ育った環境や自然や生活文化や時代背景の影響はもちろん否定できないが、もしもそれらが全てを規定するのだとしたら、同じ時代の同じ場所からは全く同じ表現しか生まれないということになってしまう。

日本の風土や自然に根ざした「日本的」な美意識や感性が存在することは否定しない。美術史家がやらなければならないのは、その存在をアプリオリな前提として「西洋とは違う、独特のものです」などとシンプルな二項対立を設定して自国礼賛を煽り立てることではなく、なぜそのような美意識や感性が生まれたのかを深く掘り下げ、比較分析し、微細な現象の在り様を解き明かしていくことなのではないか。と、午前4時過ぎの粗雑な思考で考えている。

[PR]
# by hrd-aki | 2018-01-30 04:59 | 雑感

「FLOATING」終了と年始のご挨拶

京都を珍しく大型台風が直撃する前日の10月21日にオープンして以来2カ月以上にわたって開催してきた、荻野夕奈、田中加織、チェ・ユンジョンという3人の女性絵画作家による3人展「FLOATING」も、12月30日をもって会期終了いたしました。会期中ご来廊くださったみなさま、またご関心をお寄せくださったみなさま、ありがとうございました。

過去にHRDファインアートの展示企画に関係したことがあるという以外に、作家同士の直接の接点は全くない3人展でしたが、「作風もモチーフも全然違うのにこうやって並んでいても違和感がない」というような感想をいただくことも多く、まさに狙いとしていた「同時代性」や「同世代性」に光を当てることが少しできたのではないかと、企画者としてはうれしく思っています。個々の作品の力があってこそのことなので、素晴らしい作品を提供していただいた3人の作家にもこの場を借りて感謝を申し上げたいと思います。

年末ギリギリまでの展示だったので当たり前ですが、本展をもってHRDファインアートにおける2017年のプログラムはすべて終了し、2018年は少し間を置いて3月24日にオープンする韓国の木彫・木工作家イ・ジェヒョンの個展からスタートします。2018年はこの展覧会を含めて全部で4つの展覧会を予定しています(変更の可能性もあります)。

2017年も、前年までと同様、多くの方々にさまざまなご協力・ご助力をいただいたおかげで無事に終えることができました。本当にありがとうございました。
2018年も引き続き、HRDファインアートをよろしくお願い申し上げます。

HRDファインアート
代表 原田明和


a0123573_02151016.jpg







[PR]
# by hrd-aki | 2018-01-03 02:18 | ギャラリー

臨時休廊のおしらせ:12月15日(金曜日)

誠に勝手ながら、12月15日(金)は都合により臨時休廊とさせていただきます。来廊をご予定いただいていた方にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

なお、代替として同じ週末の12月17日(日)を臨時営業日といたします。皆様のお越しをお待ちしております。

a0123573_18221255.jpg


a0123573_18221696.jpg


a0123573_18221930.jpg

[PR]
# by hrd-aki | 2017-12-11 18:25 | おしらせ

「FLOATING」展オープニングとアーティストトーク

「FLOATING」展の初日は台風も関西に接近しつつあった10月21日土曜日。この日、オープニングレセプションとアーティストトークを開催した。

「FLOATING」は荻野夕奈と田中加織の2人と、韓国人アーティストのチェ・ユンジョンの3名による絵画作家3人展。作品の見た目やコンセプトなどに特に強い共通点があるわけではないが、3人ともに80年代前半の生まれで10年ほどの作家キャリアがあるということ、そして女性であり、具象的な絵画を中心に活動しているということが共通点となっている。逆に言うと、そうした共通項をベースに、背景となる出身地や文化、描いているモチーフやメディアなどによる差異を炙り出して、そこから「絵画」というメディアの面白さを解き明かしていくことがこの展覧会の狙いなのだと言えるのかもしれない。

実際、展示された作品を見ていると、作風も主題も三者三様、全く違っているのに、どことなく互いに親和性があるようにも見えてくるという不思議な感覚がある。このあたりは実際にギャラリーで実際の作品を見て体感していただきたい。

それぞれの作家についての詳細は会期中このブログでも追って紹介していこうと思っている。

レセプションに先立って開催したアーティストトーク(主催:鞍馬口アートインスティテュート)は、「10年前、現在、10年後」をテーマに、作家活動のこれまでを振り返り、これからを展望するというような内容だった。

3人のアーティストはいずれも10年前はまだ学生で、そこから作家としての活動をスタートさせ現在に至り、そして今後もそれを展開・継続させていこうとしている。環境や気持ちの面も含めて、この10年間で変化したこと、変わっていないことなどについて、普段はなかなか聞けないような興味深い話がいろいろと飛び出していた。

アーティストトークの様子。

a0123573_13495603.jpg

a0123573_13500056.jpg

オープニングレセプションの様子。

a0123573_13500429.jpg



[PR]
# by hrd-aki | 2017-10-28 13:56 | ギャラリー

改装のこと (4) ギャラリー拡張

「拡張」といってもビジネス的に規模を拡張するということではなく、物理空間的に広くなる、ということ。

2015年に南條敏之の個展でオープンしてからこれまで2年とちょっと、2部屋を展示空間として展覧会を開催してきた。手狭というほどのことではないものの、もうちょっと広ければと思うことが増えてきたので、今回の3人展「FLOATING」を機会に1部屋ぶん拡張することにした。本当は夏いっぱいをかけて少しずつ改装を進める予定だったのが、急遽開催が決まったユン・ソンピルの個展が挟まったこともあり、また1週間のドイツ出張もあったりで、当初の予想よりもだいぶタイトな突貫作業になってしまった。実質的な作業期間は10日間くらい。まあしかしこの感じはいつものことではある。

これまで作品などを保管する倉庫として使っていた京間六畳の畳の部屋を、少し倉庫の機能を残しながら作品展示できる壁を追加してギャラリー空間へとつくり変える作業は、ある部分は予想通り、ある部分では予想以上に大変だった。というのも、「改装のこと (2) 幅木・廻り縁をとりつける」でも書いたように、築90年超の木造家屋なので天井も柱も傾き放題に傾き、歪んでしまっている。倉庫機能を保持するために壁を扉のように可動式にしようとすると、建物全体の歪みが3次元的に影響して、「こっちでは水平垂直もまっすぐなのに、こっちに動かすとガタガタにずれる」みたいなことが頻繁に起きてくる。床は畳なので、当然ながら釘やネジで壁を固定したりといったこともできない(すでにきれいな畳ではないのでやってしまってもいいのかもしれないけれど、なんとなくやっぱり気が引けた)。別にプロの大工でも設計士でもないので、やりながら直し、また考えて、やりながら直し、という作業の繰り返しで、一時は本当にオープニングに間に合わないのではないかとあきらめ気分にもなりかけた。でも、なんとか間に合って、明日は無事に(?)オープニングを迎えることができそうでホッとしている。

拡張作業そのものはというと、まずは以前の住人がなぜか漆喰壁に壁紙をベタベタと貼り付けていたのをすべて剥がすところからスタート。こういうシールとかにもいちいちちょっと懐かしさを感じたりして、作業が捗らない。

a0123573_01380074.jpg

a0123573_01380059.jpg

壁紙を剥がし終えたところ。全部きれいに剥がすことはできなかったけれど、残った部分が障壁画の金箔地みたいで、ちょっと面白かったので記念撮影。そんなことしてるから作業が捗らない。

a0123573_01380113.jpg

そしてこれは壁建ての途中経過。ここからさらにいろいろ難題が降りかかってきて往生した。なんとなくキレイにできているように見えるけど、実際はそんなことはない。

a0123573_01171384.jpg



これが最終的にどんなふうに仕上がったのか、興味のある方はぜひ実際にギャラリーに足を運んで確認していただきたい。荻野夕奈、田中加織、チェ・ユンジョンという日韓の女性絵画作家の作品による展示はもちろん魅力的で、それを目的にギャラリーに来てほしいのは当然なのだけれど、新装なったギャラリー空間そのものにもちょっと目を留めていただいて、「なにコレおもろいな」と思ってもらえたら嬉しい(嬉しいのかな……)。

では、鞍馬口でお会いしましょう!


[PR]
# by hrd-aki | 2017-10-21 01:52 | ギャラリー

「FLOATING」展アーティストトーク

10月21日(土)からスタートする次回展覧会「FLOATING」のオープニングレセプションに先立ち、同日午後3時半から3名の出品アーティストによるアーティストトークを開催します。

「10年前・現在・10年後」と題して、アーティストとしてのキャリアやライフステージに関する話が中心になる予定ですが、日韓のアート事情・アーティスト事情に関する話題も出てくると思います。「アーティスト大いに語る」的な、ちょっと面白い鼎談になりそうです。

トークイベントの主催は鞍馬口アートインスティテュート。詳細は以下のフライヤーをご覧ください。


a0123573_02450515.jpg




























鞍馬口アートインスティテュートのFacebookページ:

[PR]
# by hrd-aki | 2017-10-19 02:48 | おしらせ

ユン・ソンピル個展の展覧会パンフレットについて

HRDファインアートでは基本的に開催したすべての展覧会についてパンフレットやリーフレットを作成し、記録・資料を残すとともに展示を見ることができなかった方々にもその内容の一端を伝えることができるような取り組みを継続しています。

先般のユン・ソンピル個展「PANTA RHEI」も展覧会パンフレットを作成予定でしたが、諸般の事情により完成が遅れています。

年内の完成を目指して制作作業中ですので、いましばらくお待ちください。完成時にはHRDファインアートのウェブサイトおよび当ブログにてご案内させていただきます。

a0123573_02340515.jpg

[PR]
# by hrd-aki | 2017-10-19 02:35 | おしらせ

ユン・ソンピル個展会期終了の遅いお知らせ

ご報告が遅くなりましたが、ユン・ソンピル個展「PANTA RHEI」は、すでに1カ月近く前になりますが会期終了しています。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

日本では初の個展となった今回の展示では、作家の全体像のごく一部しか紹介できませんでしたが、それでも鉄や磁石といった素材を用いてこの世界=宇宙の成り立ちと向き合うような作品づくりに取り組んでいるユンの魅力の一端を示すことができたのではないかと思っています。

そしてHRDファインアートの次の展覧会は、オープニングがすでに今週の土曜日(10月21日)に迫っていますが、「FLOATING」と題した日韓女性絵画作家3人展です。出品作家は荻野夕奈、田中加織、そしてチェ・ユンジョン。年末まで続く、今年最後の展覧会となります。こちらも是非よろしくお願いいたします。


a0123573_02263547.jpg




[PR]
# by hrd-aki | 2017-10-19 02:28 | おしらせ

ユン・ソンピルのドキュメンタリー映像

HRDファインアートで現在開催中のユン・ソンピル個展「PANTA RHEI」。作家の作品制作プロセスを記録した、長さ15分ほどのドキュメンタリー映像がYouTubeで公開されている。

ユンの作品がどのような思考と過程を経て産み出されているのか、その一端に触れることができる興味深い内容になっているので、是非ご覧いただきたい。映像もとても美しい。

a0123573_16341293.jpg

[PR]
# by hrd-aki | 2017-09-09 16:38 | アーティスト

ユン・ソンピル個展「PANTA RHEI」オープニング&トーク

先月18日から今月23日まで、ギャラリーでは韓国人アーティスト、ユン・ソンピルの個展「PANTA RHEI」を開催中。

展覧会初日には、来日したアーティスト本人、そして今回の展覧会を共同企画したソウルのギャラリーSpace O'NewWall(スペース・オニュウォール)の代表ソ・ジュノ氏、スタッフのカン・サンフン氏をまじえてオープニングレセプションとアーティストトークを行った(協力:鞍馬口アートインスティテュート)。

作家からは作品の制作プロセスや、その背景にあるコンセプトについての説明があり、ソ・ジュノ氏からはSpace O'NewWallのこれまでの活動内容、特に釜山ビエンナーレでの展示企画や地域密着型の社会的芸術活動などについて紹介してもらった。

ユンの作品は構造的には非常にシンプルなので、作家本人から制作プロセスの詳細な説明を受けることで作品に対する捉え方の深度も大きく変化する。表面を目でなぞるだけでは把握できない、工程と哲学が連関し合った部分にまで理解が届くので、とても有意義なトークイベントになったと思う。

***

自作について説明する作家のユン・ソンピル(左)。

a0123573_15461635.jpg

参加者から熱心な質問を受ける。

a0123573_15461692.jpg

Space O'NewWallのディレクター、ソ・ジュノ氏のプレゼンテーション。

a0123573_15461604.jpg


[PR]
# by hrd-aki | 2017-09-09 16:06 | ギャラリー