「ほっ」と。キャンペーン

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
『現代絵画』
at 2017-02-18 15:19
「I.L.L.U. of B..
at 2017-02-03 17:23
「I.L.L.U. of B..
at 2017-01-02 21:51
ウィンドウギャラリー展示:白..
at 2016-12-12 01:37
「LIGHT/RELATIO..
at 2016-12-08 02:46
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『現代絵画』

古本屋で「保育社カラーブックス」シリーズの『現代絵画』を見つけた。著者は高階秀爾(このブログではだいぶ前に『ルネッサンスの光と闇』という本のことを取り上げたことがある)。

カラーブックスのシリーズは、動物や植物なんかのテーマ巻が子供の頃家に何冊かあったし、図書館にもずらりと並んでいた記憶があり、その装丁(ビニールカバーがかかっている)もなんとなくなつかしくて100円で購入した。マティスの表紙もビビッドでいい(ビニールカバーは破れていたので取って捨てた)。

a0123573_15020143.jpg


「カラーブックス」という名前の印象とは裏腹にカラー図版は案外少なくて、モノクロと半々くらい。カラーページとモノクロページが見開きで交互に出てくる構成になっている。初版1964年という時代を考えると、それでも当時としては十分に破格の出版物だったのかもしれない。

a0123573_15020714.jpg


取り上げられているのは、当然ながら1964年時点での「現代絵画」なので、19世紀末から20世紀初頭にかけてのヨーロッパ美術、ナビ派からフォーヴ、シュルレアリスムといったあたりから、最新でもポロックやロスコなどのアメリカ抽象表現主義までといった範囲で、今イメージする「現代絵画」や「現代美術」とはかけ離れている。そもそも表紙からしてマティスだし、そのあたりの「現代」の変化にも思いを巡らせるとちょっと面白いし、一般向けに書かれているとはいえ20世紀美術を改めて概観するのにはちょうどいいボリューム感だった。

そして、この本で一番びっくりしたのが、著者紹介のページ。写真の高階さんがものすごく若いのはさておき、「現住所」がマンションの部屋番号まで堂々と載っているのにはたまげた(部屋番号には念のためモザイク、意味ないと思うけど)。この当時はそういうものだったのかもしれないし、美術史家の自宅に押しかけたり、「なんでデュシャンの図版がカラーじゃないんだ!」とカミソリを送りつけたりする人もそんなにたくさんはいないとは思うけれど、著者の個人情報をこんなふうに出版物にさらけ出してしまうというのは今だったらとても考えられない。こんなところにも時代の変化は表れているなあ、と、本の内容とは全然関係のない感慨を抱いてしまったのだった。

a0123573_15021264.jpg
[PR]
# by hrd-aki | 2017-02-18 15:19 | 雑感

「I.L.L.U. of Blue」オープニングレセプション

白河ノリヨリ個展「I.L.L.U. of Blue」の展示初日の1月27日(金)、作家を囲んでオープニングレセプションを開催しました。

京都の真冬らしい寒さでしたが、大変多くの方にお越しいただき、もともと小さいギャラリーがいつになく狭く感じられるほどでした。ご来場いただいた皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

レセプションの様子と展示作品を写真で少しご紹介します。

a0123573_17143413.jpg
a0123573_17143407.jpga0123573_17143453.jpga0123573_17143510.jpga0123573_17143557.jpg




[PR]
# by hrd-aki | 2017-02-03 17:23 | ギャラリー

「I.L.L.U. of Blue」オープニングレセプションについて

「LIGHT/RELATIONS」終了、そして次回展覧会のおしらせ」のエントリに掲載した情報の訂正です。
「会期中にアーティストトークを計画中」と記載しましたが、トークの開催はありません。1月27日(金)の展覧会初日に作家を囲んでのオープニングレセプションを開催します。ぜひ皆さんお越しください。



[PR]
# by hrd-aki | 2017-01-02 21:51

ウィンドウギャラリー展示:白河ノリヨリ

前回のブログでお伝えしたとおり、HRDファインアートでは来年1月27日から白河ノリヨリの個展「I.L.L.U. of Blue」を開催しますが、そのオープンに先立ち、出窓のウィンドウギャラリーで白河作品のプレビュー展示をスタートさせています。

a0123573_01295209.jpg

a0123573_01293891.jpg

a0123573_01300981.jpg

タイトル:《V-C-Light-2015》
サイズ:53.0×40.9cm
技法:アルミ箔、テンペラ、油彩/白亜地キャンバス
制作年:2015年

お近くにお越しの際は是非ご覧ください。


[PR]
# by hrd-aki | 2016-12-12 01:37 | ギャラリー

「LIGHT/RELATIONS」終了、そして次回展覧会のおしらせ

12月3日まで会期を延長したパク・ヒョンジュの個展「LIGHT/RELATIONS」も全日程を終了しました。会期中ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

HRDファインアートでの次回の展覧会は、愛知在住の絵画作家、白河ノリヨリの個展「I.L.L.U. of Blue」となります。年明け1月27日(金)のオープンで、3月25日(土)までの会期となります。

今のところオープニングレセプションは予定していませんが、会期中に作家によるアーティストトークとレセプションの開催を計画しています。日程等が決まりましたらまたこのブログでも告知しますので、今しばらくお待ちください。

また、今週末からHRDファインアートのウィンドウギャラリーで白河作品のプレビュー展示をスタートします。こちらも詳細はまた追ってお知らせします。

a0123573_02400606.jpg
[PR]
# by hrd-aki | 2016-12-08 02:46 | ギャラリー

「LIGHT/RELATIONS」会期延長のおしらせ

現在開催中のパク・ヒョンジュ個展「LIGHT/RELATIONS」の会期を2週間延長いたします。

最終日は12月3日(土)で、新たに11月25日(金)、26日(土)、12月2日(金)、3日(土)の4日間が追加的なオープン日となります。まだご覧になっていない方はぜひお運びください。

12月3日までの会期中は従来通り事前アポイントも受け付けております。info@hrdfineart.comまでお気軽にご連絡ください。


a0123573_14431646.jpg



[PR]
# by hrd-aki | 2016-11-11 14:46 | ギャラリー

改装のこと (3) 天井照明の修理

改装のこと、というテーマからは外れるけれど、ギャラリーの照明が点かなくなったので、町内の電気屋さんに修理に来てもらう。電気屋さんといっても自宅兼店舗という個人商店的な感じで、しかもご高齢でほとんど半分リタイヤ状態のおじいさん。

年季の入った工具箱片手に玄関を入るなり、「なつかしいなあ、ここ、前は木下さんいう人が住んではってねえ。その頃はよく来たもんですよ」。

テスターで調べてもらったところ、シーリングソケットまでは通電していたので、相当古そうなシーリングソケットを新品に交換してもらい(天井板もボロくなっているので無理矢理ビスをねじ込んで固定)、それから接触不良を起こしていたダクトレールも、あれやこれやと難儀しながらも最終的にはハンダ付けできっちり直してもらった。ハンダゴテを見たのも久しぶり。

結局すべての作業が終わったのは2時間近くたってから。それでも料金はだいぶおまけしてもらったと思う。あんまり安すぎて、領収書をもらうのをためらってしまった。まあいいか。

こういう「町の電気屋さん」的な商売は、電気屋さんに限らず、これからどんどんなくなっていってしまうんだろう。そう考えるとちょっと寂しい。またそのうち何か頼んでみよう。

Facebookより再録)

a0123573_2404629.jpg
a0123573_241667.jpg
[PR]
# by hrd-aki | 2016-09-20 02:44 | ギャラリー

パク・ヒョンジュ個展「LIGHT/RELATIONS」開催

9月30日(金)から11月19日(土)までの約2カ月間にわたって、韓国人アーティスト、パク・ヒョンジュの個展「LIGHT/RELATIONS」を開催します。

パクはソウル出身、ニューヨーク大学や東京藝大に留学経験があり、韓国国内にとどまらず米国や日本でも幅広く制作・展示活動を行っています。

HRDファインアートとの関係で言えば、2010年にソウルで企画開催した「GOLD EXPERIENCE 日韓現代金箔絵画」と、2012年に名古屋と小牧で開催した「GOLD EXPERIENCE 2 〜 金鯱によせて」の参加作家でもあります。また、2010年の「GOLD EXPERIENCE」と2009年の「余韻/響き~日本の写真作家3人展」の会場となったアーティスト・ラン・スペースHyun Galleryの主宰者でもあります(現在はクローズ)。

金箔を施したボックス状のオブジェを一定のルールに従って配置した、パクを代表するシリーズであるインスタレーションは、その厳密な構成や幾何学的な無機質性がときとしてドナルド・ジャッドやカール・アンドレのミニマル・アートに比せられることもありますが、鮮やかで豊かな色彩の持つ物語性、金箔という素材が人類の歴史、とくに精神史との深い関わりを想起させることなど、ミニマリズムを止揚し超克した作品世界がそこには成立しています。

初日の9月30日(金)午後5時から、作家を囲んでささやかなオープニングレセプションを開催します。お誘い合わせのうえ是非ご来場ください。

展覧会の詳細は下記ウェブサイトにてご確認ください。
http://www.hrdfineart.com/exb-park_hj16.html

a0123573_25039.jpg
a0123573_218339.jpg
[PR]
# by hrd-aki | 2016-09-20 02:20 | ギャラリー

「ECHOGRAPHY」展示作品紹介

6月28日からルーメンギャラリーとHRDファインアートの2会場でスタートしている「ECHOGRAPHY」展も、今日で会期の折り返しを迎えます。週末に観覧を予定されている方のために、ここでは展示作品についての短い解説文をご紹介。

HRDファインアートでは岡松トモキとジョン・ジインの作品を各1点、計2点を上映展示しています。

● 岡松トモキ《闇夜海月》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2015年
クラゲに扮した少女をモデルに制作した映像詩。暗い海の中を浮遊するクラゲの触手を伸ばしている姿が、インターネットの虚構の世界の中に生きる人たちの、“実感”に触れたくて繋がりを求めて必死に手を伸ばし、見えない相手に向かって透明で鋭利な言葉を投げ続けている、そんな姿と重なって見えた。そして少女は、透明でつかみ所の無い、そんなクラゲのようだった。

a0123573_12375884.jpg

● ジョン・ジイン《Walk Apart》
2チャンネルビデオ、サウンド 2013年
チャンネル1:都会のアパートで毎月の‘客のない日’(日本では大安にあたる、引越しに良いとされる日)に行われている引越しの風景。アパートのまわりに植えられた木々はまっすぐに自立することができず、擬木に縛りつけられて育つ。
チャンネル2:趣味、下着、靴下、音楽CD、貯金箱など、それぞれの私物を分類する。結婚によってひとつになったように見えても、あなたと私は別々の個性を持った人間であり、決して一つになることはない。
結婚した男女にとって、‘家’というのは一生の宿望なのだ。韓国社会の中で広まっている3放世代(結婚、恋愛、出産の三つを放棄する世代)などの新造語が示すように、年齢ごとにすべきと考えられていることをしない者には明るい未来など望むべくもない。

a0123573_12393338.jpg

***

ルーメンギャラリーではジョン・ジインとアン・コンヒョンの作品が各2点、計4点上映展示されています。

● ジョン・ジイン《エアーハウス》
シングルチャンネルビデオ 2014年
前の居住者が出た後の空き家に次の居住者が入る前の間、新しく空間が変化していく過程の姿を淡々としたアングルで見せる。作家は欲しい家ではなく都合に合わせて選んだ空き家で、手に入らない欲望の対象になったその欲しい空き家に別れの手紙を書く。空き家は過去にも現在にもその空間に対する人間の欲望が投影されている。空き家には人間の欲望が投影されている一方で、その欲望の中身を決めたのも人間であった。それにもかかわらず家はまた人間の欲望に忠実な空間になり、捨てられた欲望によって再び空き家に戻る。

a0123573_12401234.jpg

● ジョン・ジイン《縦の水平》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2009年
政治的利権と個人的財産権の衝突を背景に果てしなく広がる水平線。2009 年、非武装地帯が一部の生態研究員たちにだけ開放された時に撮影された映像作品。厳しい撮影制限や情報統制の中でたどり着いた非武装地帯では、イデオロギーによる分断の歴史はすでに過去のものとなり、今は湿地や開拓地の開発に対する経済的利権争いの舞台となっている姿が映像作品として見事に表現されている。

a0123573_12403855.jpg

● アン・コンヒョン《これによりて汝滅びることなし》
ドキュメンタリーフィルム  2014年
ホンジェチョンという場所が時間の蓄積と共に復原を繰り返して重ねてきた歴史を‘記録’に根拠し追跡するドキュメンタリー。一切サウンドなしで、まるで本を読むようにイメージとテキストの反復から成る独特な形式は新しい形のドキュメンタリー映像である。観客に‘記録された現実はすなわち実在だ’という先入観を与えるが、監督は記録と復元のリアリティーに疑問を持 つ。この記録と復原の実体は当時の政治観点によって再解釈されたものであり、実在するように見えて実在しない歴史かもしれない。ドキュメンタリーのリアリティーも同じくある意味実在しない復元なのかもしれない。

a0123573_1241166.jpg

● アン・コンヒョン《その向こうどこにも》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2010年
韓国のあるドキュメンタリー映画祭の10周年を記念する為に製作された作品。日本と韓国、韓国と北朝鮮という歴史的断絶のみならず、イメージと現実、幻影と物質、そして映画媒体としてのフィルムとデジタルという分節について扱っている。前半部に使われているフッテージは溝口健二監督の1953年作品「祇園囃子」から、若尾文子が芸者の業界へ渡っていくシーンで、乗り越えられない分断状態を渡す行為が戻れない変形を齎すことを見せている 。

a0123573_12413158.jpg

***

各作家の略歴についてはこちらのリンクから展覧会のプレスリリースをご覧ください。
http://www.hrdfineart.com/exb/echography16-press-jp.pdf

[PR]
# by hrd-aki | 2016-06-30 12:46 | ギャラリー

日韓映像プロジェクト「ECHOGRAPHY」開催

6月末から7月頭にかけて、HRDファインアートでは「ECHOGRAPHY(エコーグラフィー)」と題したグループ展を開催します。

従来の金曜・土曜のみのオープンではなく、初日の火曜日から最終日の日曜日まで休みなしの6日間短期開催となり、また五条・麸屋町通のLumen gallery(ルーメンギャラリー)との2会場同時開催でもあります(メイン会場はLumen galleryで、HRDファインアートはサブ会場的な位置付け)。

●日韓映像プロジェクト展:ECHOGPAPHY
会場:Lumen gallery/HRDファインアート
会期:2016年6月28日~7月3日(会期中休廊なし)
時間:Lumen gallery=13:00~19:30/HRDファインアート=11:00~18:00
出品作家:アン・コンヒョン、ジョン・ジイン、岡松トモキ

この展覧会は、韓国の女性インディペンデントキュレーター、イム・ボラム(Boram Lim)の企画による国際交流展で、当初は5月に熊本のギャラリーADOで開催予定だった。ギャラリーADOはこのブログでもこれまでに何度か紹介しているギャラリーで、4月に河原町繊維問屋街から健軍という熊本市内の別のエリアに移転オープンしたばかりだったのだが、熊本地震の影響でギャラリーの建物が損傷を受けて営業不能となり、開催中止になってしまった。

ただ、このまま展覧会が立ち消えになってしまうのはもったいないというイム氏の相談を受けて、また熊本からのアートの発信をサポートするという意味も込めて、代替地開催を模索するなか、京都の2つのギャラリーでの開催が急遽決定した、というのがこれまでの経緯です。

したがって、日韓の国際交流でもあり、また京都と熊本の地方交流としての意味もあり、ソウル・熊本・京都という3都市を結びつける試みでもあります。

会場のひとつとなるLumen galleryは、ミニシアターとしての機能も備え、映像展示に特化したギャラリー。今回はプロジェクターやモニターを使用し、複数の映像を同時に上映するビデオインスタレーションとしての展示になる予定です。一方、HRDファインアートでは、モニターやブラウン管テレビを使用した映像展示を計画しています。2会場合計で6点の作品を展示予定。

出品作家は、韓国からはアン・コンヒョン(1976年生まれ)とジョン・ジイン(1979年生まれ)、そして日本からは熊本在住の岡松トモキ(1976年生まれ)。それぞれ映像を専門領域として活動しているアーティストで、国や表現スタイルの違いを超えて互いに響き合う「エコー」が生まれることも期待されます。

初日の6月28日(火)にはLumen galleryにてオープニングレセプションを開催します(午後7時からスタート)。3名の作家もそれぞれ来日・来京(上洛?)して参加予定ですので、お時間のある方は是非お越しください。

展覧会の詳細は下記ウェブサイトにてご確認ください。
http://www.hrdfineart.com/exb-echography16.html

a0123573_3503915.jpg
[PR]
# by hrd-aki | 2016-06-07 04:18 | ギャラリー