京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
ワークショップ「グリッドの中..
at 2018-07-27 23:08
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-24 03:11
6月18日の地震について
at 2018-06-19 00:06
栗原亜也子によるオセロペイン..
at 2018-06-14 23:59
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-13 23:31
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


京都市立芸術大学作品展

京都市美術館で京都市立芸術大学作品展を見る。

この展覧会は京都市立芸術大学(通称「京芸」)のキャンパスと京都市美術館の2会場での開催。他の美大や芸大の卒業制作展や修了制作展とは違って、学部生、大学院生ともに在学生も作品を発表するというのが特徴だ。そこには、在学中から作品を制作し発表するということを意識づけさせようという意図があるらしい。ただ、デザイン関連の学科では個々の創作としての「作品」ではなくテーマを与えられた課題制作がずらりと並んで展示されていたりもする。

京都市立美術館ではこの時期、京都の他の美術系大学でも卒展・修了展が週ごとに入れ替わりで開催されている。今年は京芸しか見ることができなかったのだが、他の学校の展示もスイープ的に見てみたいとなったときには、東京の五美大合同展のような一括開催システムのほうが利便性はあるように思う。あれはあれで膨大な数の学生作品と一挙に対峙(またはスルー)しなければならなくて大変ではあるし、京都ではそれだけのスペースをどーんと確保できないという事情ももちろんあるのだろう。

関西でこのような美術大学の制作展を見たのは今回が初めてだったが、京都ということで東京と何か違いがあるかというと、特別なものは何も感じられなかった。彫刻科のところではオーソドックスな作品の数が少なかったように感じられたが、これは学校の指導方針とか雰囲気とかにもよるものかもしれない。
もちろん関西では最もレベルが高い(と思われる)大学だけあって、全体的に技術的なレベルは総じて高い作品が並んでいたようには思う。


a0123573_236527.jpg
京都市美術館の入口。

a0123573_2381472.jpg
彫刻科の部屋。

a0123573_246068.jpg
小さいカラフルなパーツを組み合わせてつくった小立体。フェティッシュ的な感覚が「今ふう」に見えなくもない。

a0123573_2392284.jpg
手描き風アニメーションをループで流す映像インスタレーション。モニターが光ってしまって肝心のアニメーションが全然映らなかった。

a0123573_2411225.jpg
スパンコールでロゴの部分を刺繍(?)したヤクルトやアマゾンのパッケージ。この材料を生かす方法を広げていけばもっと面白くなると思う。

a0123573_243416.jpg
絵画作品の中ではこの作品が出色だった。モチーフの処理の仕方と空間構成が巧みで迫力がある。


※この展覧会は2月14日で終了している。
[PR]
by hrd-aki | 2010-02-24 02:55 | レポート
<< 京都移転 「POINT」展の展示風景 >>