京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
ワークショップ「グリッドの中..
at 2018-07-27 23:08
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-24 03:11
6月18日の地震について
at 2018-06-19 00:06
栗原亜也子によるオセロペイン..
at 2018-06-14 23:59
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-13 23:31
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「甘い雨」展

ソウルの世界遺産のひとつチャンドックン(昌徳宮)のすぐ隣にあるINSA ART SPACEで、韓国人インスタレーション作家Jungki Beak(ペク・ジョンキ)の個展「SWEET RAIN」を見た。

ペク・ジョンキは京都・久世のstudio90のアーティスト森川穣氏のロンドン留学時代の友人で、今回の個展も森川氏から教えてもらい、最終日にようやく時間を見つけて滑り込みで見に行った。
「SWEET RAIN」という展覧会タイトルは、韓国語の「タンビ」という言葉を文字どおり英語に翻訳したものだという。「タンビ」はハングルで書くと단비。「甘い雨」、日本語で言うと「恵みの雨」「慈雨」といったところで、天候に左右される農村の暮らしの中から出て来た言い回しだ。

ペク・ジョンキの今回のインスタレーション展示は、この「甘い雨」を視覚的・物質的に再現するというのがコンセプトの展示だった。ギャラリーの入口でレインコートとビニール傘を借り、完全防備でいざ地下の展示室へ。
傘を開いて入った展示室内は部屋全体が雨漏り土砂降り状態。というより天井から雨が降り続けている。そしてその雨を手に取って舐めてみると、ほんのり甘い。
大量の砂糖を大量の水に溶かし、ポンプで展示室の天井裏に流し込み、天井に開けた無数の穴から水が、つまりは甘い雨が降ってくるという、コトバにしてしまうと単純な仕掛けで、「甘い雨」を実現している。ギャラリーの2階がポンプ室になっていて、展示室の壁沿いの床にはきちんと排水溝もつくられている。

「甘い雨」を視覚化するということだけのためにこれだけの大掛かりなシステム(設置に1週間、展示に2週間、撤去にさらに1週間かかるらしい)を組んでしまうというのは、実現しただけでもあっぱれな展示だと思う。まあバカらしいと言えばバカらしいけれど、こういうバカらしさも現代アートには間違いなく求められている。もっともっと巨大な規模でやったら、迫力のある面白い展示になるだろう。
会場のINSA ART SPACEは韓国文化芸術委員会(Arts Council Korea)という組織(日本で言うと文化省の外郭団体みたいなもの?)が運営しているパブリックギャラリーだ。公的な機関でこういう展示プランを許容するというのはなかなか勇気がいることのはずで、こと現代美術に関しての日韓の彼我の差を感じてしまう。あるいはあまり考えてないだけなのかもしれないけれど。

ペク・ジョンキのブログで過去の作品の映像なども見ることができる。自らの火傷の体験から、水をキーワードに作品を展開してきていることがわかって、なかなか興味深い。
http://jungkibeak.blogspot.com/

a0123573_16485147.jpg

a0123573_1649516.jpg

「SWEET RAIN」展はすでに終了。
[PR]
by hrd-aki | 2010-06-17 16:57 | レポート
<< 美術評論家と写真評論家 「GOLD EXPERIENCE」展 >>