人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2022-09-20 04:32
関連アーティスト情報【202..
at 2022-08-13 23:27
会期末オープン時間の延長について
at 2022-08-05 11:38
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-28 14:42
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-22 17:29
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


京都精華大学でのトークイベント

もうすでに1カ月以上前のことになるが、7月に京都精華大学の絵画専攻の学生たちを相手にしたトークイベントでアートの仕事について話をした。

京都精華大学でのトークイベント_a0123573_1744130.jpg

「作品・仕事紹介と座談会:The Road Not Taken - 遊牧・遊撃・遊覧が開いた世界」と題されたこの特別講義は、精華大学で非常勤講師を務める作家・安喜万佐子の受け持つ洋画専攻の学生たちが対象で、トークと座談会の前にはアトリエで学生たちの作品を見せてもらう時間もあり、即席の講評会も行われた。

スピーカーは3人。アーティストの井上信太、林ケイタの両氏と僕。お二人はアーティストなので、これまでの作品や活動について、映像やスライドショーを交えて話をされていた。僕は唯一ものづくりをしない立場の人間だったので、これまでの仕事上の体験談、特に海外のアートの現場を写真中心に紹介した。

井上さんの「羊の放牧プロジェクト」の記録ビデオもとても面白かったし、林さんの学生時代からの作品の展開をまとめた映像もとても魅力的だった。そしてお二人とも話がとても上手い。いろいろと勉強させていただいた。

これから進路を定めていく学生たちにとっても、実際にアーティストとして継続的に活動している実例を目の前にし、その実体験に触れる機会というのはとても貴重なものになったことと思う。
特に最近の美術学生は「売れなければ意味がない」という歪んだプレッシャーにさらされていて、どうやったらアーティストとして成功できるか、どんな作品をつくれば売れるか、どこにどう売り込んだらいいか、ということにばかり気を取られている人が多いと聞く。精華大学も例外ではないらしく、トーク後の打上げでは「○○ギャラリーから展覧会しませんかと誘われているのだがどう思うか?」とか「△△の公募展に出品しようと思うが、いいと思うか?」などの質問を受けた。自分で足を運んで自分の目で見て自分の頭で考えることでしか、そんな問いへの答えは出てくるはずもない。それより何より、自分の求める表現が形としてできているか、人に見せるレベルに達しているかどうかといった、表現者として当たり前の問いが先に出てこなければならない。細かい技術レベルの話はそのあとでも十分間に合うし、ちょっと間違えてもすぐに修正できる。

僕自身、試行錯誤をしながら仕事を進めている身で、偉そうなことを言える立場では全くない。ただ、同じアートというフィールドに身を置く同業者(広い意味での)として、一緒に仕事がしたいと思える人が一人でも多く出てきてほしいとは思う。そして、「アート」と「仕事」との狭間で高等教育機関が果たすべき役割についても、いろいろと考えさせられる一日だった。
刺激的で愉快な機会を与えてくださった安喜さんに感謝したい。

京都精華大学でのトークイベント_a0123573_16522915.jpg
井上信太氏。時間が短く、ワークショップなど様々なプロジェクトのごく一部しか聞けなかったのがもったいなかった。

京都精華大学でのトークイベント_a0123573_16524491.jpg
林ケイタ氏。映像作品をまとめた動画を流しながらのトーク。VJのようなノリでテンポのよい話術。

京都精華大学でのトークイベント_a0123573_1653121.jpg
3人揃っての座談会、質疑応答。
by hrd-aki | 2010-08-21 17:15 | イベント
<< 変化と保存 国家戦略としての文化的貿易赤字 >>