人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2022-09-20 04:32
関連アーティスト情報【202..
at 2022-08-13 23:27
会期末オープン時間の延長について
at 2022-08-05 11:38
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-28 14:42
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-22 17:29
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「BOOK ART 2010 Japan-Korea」

大阪のギャラリーヤマグチクンストバウで開催していた「BOOK ART 2010 Japan-Korea」という展示を、最終日のクローズ直前に見に行ってきた。

すぐ近くのサントリー美術館で、「ポーランドの至宝」という、美術館展なのに26日間しか会期がないという展覧会もついでに見ようと思って行ったのだが、サントリー美術館ではいまだかつて見たことのないものすごい数の人が押し寄せて行列をつくっていて、「チケット購入20分待ち」という立て看板を見て展覧会も見る気が失せた、という脱線はこのぐらいにしておいて、昨年ソウルのHyun Galleryで開催した「余韻/響き」というグループ展に出品してもらった田中朝子など、知った作家が何人か参加していたので見に行ったわけだが、こちらはもちろん行列なんかできていなくて静かな展示だった。

今年夏から、ソウル、東京、大阪と3会場を巡回するグループ展で、日韓両国の現代美術作家がブックアート作品を出品している。作品は、かなりストレートに本の形式を意識した作品、本を形態的・物体的側面から捉えた作品から、本とは全く無関係に見える解釈逸脱系の作品まで、幅広い。書き物机に模した展示台に乗る大きさの(つまりは比較的小さなサイズの)作品ばかり、というのが共通項と言えるだろうか。

入口のところで白手袋をはめて作品にじかに手に触れ、(ページのあるものは)ページをめくって鑑賞する、というのが正しい見方だったのだが、そういう仕組みに最初気がつかなかったのと、あとはただ単に面倒くさくて、置いてある作品を眺めたり覗き込んだりしていた。それでも十分に面白さの伝わる作品はあったし、へ理屈のようになってしまうけれど、「本」に手を触れずに「読む」ということがあってもいいのではないか?

大竹伸朗のスクラップブックも1冊展示してある。と思ってよく見たら野原健司という別の作家の作品だった。まあ形式的に似てしまうところの出やすい作品ではある。そう思って見渡すと、すべての作品がどこか別のところで見たことがあるように見えてくる既視感の強い展覧会でもあった。

※展示はすでに終了している。
http://www.g-yamaguchi.com/exhibition/bookart/bookart.html
by hrd-aki | 2010-11-03 00:39 | レポート
<< 田中朝子展「rooms」 〈DEMADO PROJECT... >>