人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2022-09-20 04:32
関連アーティスト情報【202..
at 2022-08-13 23:27
会期末オープン時間の延長について
at 2022-08-05 11:38
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-28 14:42
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-22 17:29
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『ルネッサンスの光と闇』(2)

高階秀爾著『ルネッサンスの光と闇』から、今回はまた別の部分を引用してみる。「第十章 考える人」の冒頭から――。

***

すでに見たように、かつて中世においては人間の四つの気質の中で最も望ましくないと考えられていた憂鬱質を、創造的人間の特質として逆に高く評価するよう価値の基準を引っくり返したのは、カレッジのアカデミアの哲学者たち、——もっと端的に言えばマルシリオ・フィチーノそのひとであった。

……〈略〉……

つまり、憂鬱質は、非活動的で現実の生活には適さないが、その代り、時には常人の及びもつかない優れた創造を成し遂げるというわけである。現実の生活には無頓着、ないしは無能力で、いつも孤独を好み、世間からは変人あつかいされながら見事な作品を作って行く人間というロマン派好みの芸術家像の原型は、この時に作られたのである。

***

この段は西洋中世の人間分類法である「四性論」について述べている部分で、人間の気質を4タイプ、すなわち「多血質=サングィネウス」、「胆汁質=コレリクス」、「粘液質=フレンティマクス」、そして「憂鬱質=メランコリクス」の4タイプに分類するのが四性論の考え方なのだが、ここでは本の中で詳しく述べられている説明を繰り返すことは控える。いずれにしても「憂鬱質」という本来「最低最悪」のタイプが、芸術においては至高の人間型として高く評価されうるという価値の転換がルネサンスの時代に行われた、ということが詳しく解説されている。

芸術家には「現実の生活には無頓着」であってほしい、というある種の希望的理想は、現在にいたるまで根強く厳然と存在している。もちろん日本では、それは西洋近代文明を摂取しはじめた明治以降の現象のはずだ(それまでの日本には絵師や摺師などの「職人」はいても、創造的人間としての「芸術家」は位置づけそのものがなかったと思われるからだ)。

そして、現代の日本においては、この「ロマン派好みの芸術家像」、もっと端的に言えば「社会不適格者としての芸術家像」は、様々なプロジェクトやアートイベントの実施においてじつに都合良く援用されているのではないだろうかと思う。一般社会では常識的に整備されている報酬や利益還元のシステムも、こと芸術家相手には別に考える必要はないんだよね、なぜなら彼らは世の中の常識から外れたところにいる特殊な存在なのだから、通常の価値観にはめ込んで金銭を絡ませるなんてかえって失礼じゃないか、彼らはカネのために活動してるんじゃないんだよ——といった具合に。そして、そのような特別扱いを心地よく受け入れて疑問を抱かない「芸術家」も今の日本には数多くいるのではないか、というのが僕の実感だ。それが良いとも悪いともここで言うつもりはないけれど。
by hrd-aki | 2010-11-15 01:21 | 雑感
<< メリークリスマス&謹賀新年 『ルネッサンスの光と闇』 >>