京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
ワークショップ「グリッドの中..
at 2018-07-27 23:08
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-24 03:11
6月18日の地震について
at 2018-06-19 00:06
栗原亜也子によるオセロペイン..
at 2018-06-14 23:59
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-13 23:31
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


改装のこと (2) 幅木・廻り縁をとりつける

「改装のこと (1) 壁の中の新聞」でも書いたように、HRDファインアートは築90年超という古い町家づくりの家を部分的に改装してギャラリーとしている。

1世紀近い歴史の中で改装や改造を繰り返してきたこの家にホワイトキューブ風の展示スペースをつくり出すにあたって、従来の壁の上に新しく板壁を設置することにした。もともとは土壁に漆喰を塗って仕上げた塗り壁があり、その上におそらく戦後の改装で洋間風の板張りが施されている。今回はその上にさらにベニヤの壁を仮設のパーティション的に取り付けたので、場所によっては壁が3層構造になってしまった。本来、日本家屋の土壁、漆喰壁というのは内外で湿気を通過させる「呼吸」のような機能を担っているらしいので、その上に板が重ねられている現状はあまりよろしくはないのかもしれない。漆喰壁の雰囲気は魅力的だけれども、釘を打つことができないのでギャラリーの展示スペースとしてはあまり機能的ではない。難しいところだ。

それはさておき、古い木造の家なので、いろいろなところにガタつきが生じている。要は傾いているのだ。壁も天井も真っすぐではないので、仮設壁を取り付けるにあたっても垂直・水平の基準をどこに取るかが問題になる。今回は垂直を基準に板を貼っていくことにしたのだが、そうすると天井と床に接する水平面にズレが生じる。

天井。

a0123573_11332519.jpg

床。

a0123573_11334920.jpg

本職の大工さんであればそのあたりもきっちり計算して板を切り出して、ということができるのだろうけれど(現にこの家の改装の痕跡を見て行くと、細かいところに歴代の大工さんの苦心・腐心のあとが随所に伺えて微笑ましい)、素人大工なのでそこまでの高等技術はもちろんなく、能力の限界そのままにズレたものはズレたままになってしまっていた。

作品を設置してしまえば壁に注目する人などほとんどいないのでさほど気にはならない。そうは言ってもやはりあまり見映えのいいものではないので、4月スタートの展覧会を前に廻り縁と幅木をつけて目隠しをすることにした。

こんな感じ。

a0123573_11361933.jpg

ちなみに廻り縁という言葉は今回これを書くにあたって調べて初めて知った。4月からの展覧会「ヤミ」のオープンまでには間に合って、多少きれいになった姿をお見せできる予定。ただ昨日、木材の調整中に左手をノミでざっくり切り裂くという大失態をしてしまったので、やや作業に遅れが生じてしまっている。間に合うかな?
[PR]
by hrd-aki | 2016-03-18 11:52 | ギャラリー
<< 名前のこと 寺島みどり・冬耳二人展「ヤミ」開催 >>