京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2018-11-23 14:34
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ECHOGRAPHY」展示作品紹介

6月28日からルーメンギャラリーとHRDファインアートの2会場でスタートしている「ECHOGRAPHY」展も、今日で会期の折り返しを迎えます。週末に観覧を予定されている方のために、ここでは展示作品についての短い解説文をご紹介。

HRDファインアートでは岡松トモキとジョン・ジインの作品を各1点、計2点を上映展示しています。

● 岡松トモキ《闇夜海月》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2015年
クラゲに扮した少女をモデルに制作した映像詩。暗い海の中を浮遊するクラゲの触手を伸ばしている姿が、インターネットの虚構の世界の中に生きる人たちの、“実感”に触れたくて繋がりを求めて必死に手を伸ばし、見えない相手に向かって透明で鋭利な言葉を投げ続けている、そんな姿と重なって見えた。そして少女は、透明でつかみ所の無い、そんなクラゲのようだった。

a0123573_12375884.jpg

● ジョン・ジイン《Walk Apart》
2チャンネルビデオ、サウンド 2013年
チャンネル1:都会のアパートで毎月の‘客のない日’(日本では大安にあたる、引越しに良いとされる日)に行われている引越しの風景。アパートのまわりに植えられた木々はまっすぐに自立することができず、擬木に縛りつけられて育つ。
チャンネル2:趣味、下着、靴下、音楽CD、貯金箱など、それぞれの私物を分類する。結婚によってひとつになったように見えても、あなたと私は別々の個性を持った人間であり、決して一つになることはない。
結婚した男女にとって、‘家’というのは一生の宿望なのだ。韓国社会の中で広まっている3放世代(結婚、恋愛、出産の三つを放棄する世代)などの新造語が示すように、年齢ごとにすべきと考えられていることをしない者には明るい未来など望むべくもない。

a0123573_12393338.jpg

***

ルーメンギャラリーではジョン・ジインとアン・コンヒョンの作品が各2点、計4点上映展示されています。

● ジョン・ジイン《エアーハウス》
シングルチャンネルビデオ 2014年
前の居住者が出た後の空き家に次の居住者が入る前の間、新しく空間が変化していく過程の姿を淡々としたアングルで見せる。作家は欲しい家ではなく都合に合わせて選んだ空き家で、手に入らない欲望の対象になったその欲しい空き家に別れの手紙を書く。空き家は過去にも現在にもその空間に対する人間の欲望が投影されている。空き家には人間の欲望が投影されている一方で、その欲望の中身を決めたのも人間であった。それにもかかわらず家はまた人間の欲望に忠実な空間になり、捨てられた欲望によって再び空き家に戻る。

a0123573_12401234.jpg

● ジョン・ジイン《縦の水平》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2009年
政治的利権と個人的財産権の衝突を背景に果てしなく広がる水平線。2009 年、非武装地帯が一部の生態研究員たちにだけ開放された時に撮影された映像作品。厳しい撮影制限や情報統制の中でたどり着いた非武装地帯では、イデオロギーによる分断の歴史はすでに過去のものとなり、今は湿地や開拓地の開発に対する経済的利権争いの舞台となっている姿が映像作品として見事に表現されている。

a0123573_12403855.jpg

● アン・コンヒョン《これによりて汝滅びることなし》
ドキュメンタリーフィルム  2014年
ホンジェチョンという場所が時間の蓄積と共に復原を繰り返して重ねてきた歴史を‘記録’に根拠し追跡するドキュメンタリー。一切サウンドなしで、まるで本を読むようにイメージとテキストの反復から成る独特な形式は新しい形のドキュメンタリー映像である。観客に‘記録された現実はすなわち実在だ’という先入観を与えるが、監督は記録と復元のリアリティーに疑問を持 つ。この記録と復原の実体は当時の政治観点によって再解釈されたものであり、実在するように見えて実在しない歴史かもしれない。ドキュメンタリーのリアリティーも同じくある意味実在しない復元なのかもしれない。

a0123573_1241166.jpg

● アン・コンヒョン《その向こうどこにも》
シングルチャンネルビデオ、サウンド 2010年
韓国のあるドキュメンタリー映画祭の10周年を記念する為に製作された作品。日本と韓国、韓国と北朝鮮という歴史的断絶のみならず、イメージと現実、幻影と物質、そして映画媒体としてのフィルムとデジタルという分節について扱っている。前半部に使われているフッテージは溝口健二監督の1953年作品「祇園囃子」から、若尾文子が芸者の業界へ渡っていくシーンで、乗り越えられない分断状態を渡す行為が戻れない変形を齎すことを見せている 。

a0123573_12413158.jpg

***

各作家の略歴についてはこちらのリンクから展覧会のプレスリリースをご覧ください。
http://www.hrdfineart.com/exb/echography16-press-jp.pdf

[PR]
by hrd-aki | 2016-06-30 12:46 | ギャラリー
<< パク・ヒョンジュ個展「LIGH... 日韓映像プロジェクト「ECHO... >>