人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2022-09-20 04:32
関連アーティスト情報【202..
at 2022-08-13 23:27
会期末オープン時間の延長について
at 2022-08-05 11:38
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-28 14:42
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-22 17:29
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本学術会議の会員任命拒否に抗議します

自民党・公明党連立政権による「日本学術会議の会員候補の任命拒否」に抗議する。

これは単なる政治的な手続き上の問題や法的な技術論ではなく、学問を、知を、そしてひいては芸術文化をいかにして守り育てていくかという、社会の存立に関わる問題だと考えているから、こうしてブログにも書くことにした。

日本学術会議は、そもそも、先の戦争における日本軍・日本政府の破壊と殺戮に協力してしまった学術界の反省をもとに、政権政府から独立した純粋に学問的な立場で活動・提言を行うことを目的とした組織だという。

日本学術会議のウェブサイトにも、「日本学術会議は、1950年に『戦争を目的とする科学研究には絶対従わない決意の表明(声明)』を、1967年には『軍事目的のための科学研究を行わない声明』を発出した」とあり、また「学術研究がとりわけ政治権力によって制約されたり動員されたりすることがあるという歴史的な経験をふまえて、研究の自主性・自律性、そして特に研究成果の公開性が担保されなければならない」と明記されている(http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/gunjianzen/pdf/gaiyou.pdf、下の画像参照)。

菅義偉による今回の6名の候補の任命拒否は、こうした歴史的背景をないがしろにし、「科学者コミュニティの戦争協力への反省」を無に帰そうとする企みであり、「再び同様の事態が生じることへの懸念」を当然のように抱かせるものだ。その意図は明確に、戦前回帰・軍国主義復活にあると言えるだろう。仮にそうした意図は全くないのだとすると、我が国の総理大臣はただのバカだということになる。いずれにしても看過できることではない。

アートの活動は学術活動そのものではないが、限りなく近接している。学びがなければ創造も想像もできない。空気のように自由と自律を必要としている点でも芸術と学術は共通している。何を教え、何を学び、そして何をつくるかについての自由がなくなったら、それこそ社会は死ぬだろう。僕自身、ここ数年時々大学で教える仕事をさせてもらうこともあり、学術界の隅っこにいる者としての自覚もあるが、政府や政治家から「これは言うな、これを言え」と指図を受けるつもりは毛頭ない。そんな小さな自由を守ってくれているのが学術会議なのだ。

私には関係のないことだ、と思っているアーティスト、アート関係者がいたら、考えを改めたほうがいい。今は他人事として軽く受け流して済ませられるかもしれないが、きっといつかあなたの身にも降りかかってくるから。その時になって慌てても間に合わないよ。

日本学術会議の会員任命拒否に抗議します_a0123573_03165140.jpg

日本学術会議の会員任命拒否に抗議します_a0123573_03161049.jpg

by hrd-aki | 2020-10-31 03:29 | 雑感
<< 栗原亜也子によるリモートオセロ... 栗原亜也子によるリアル在廊パフ... >>