人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2022-09-20 04:32
関連アーティスト情報【202..
at 2022-08-13 23:27
会期末オープン時間の延長について
at 2022-08-05 11:38
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-28 14:42
関連アーティスト情報【202..
at 2022-07-22 17:29
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


改装のこと (7) 床はがし&床板張り

「改装のこと」シリーズの前回のブログ(「床はがし」)では、ギャラリーの中央の部屋(4畳半)の床板をはがすところまでレポートした。その後、栗原亜也子個展「I Am Here, There and Everywhere: Mind Games 2020」がスタートしたので、続きを書く暇がなく中断していた。先週の土曜日でその栗原個展も会期終了となったので(アポイントでのビューイングは受付中)、今回から2回に分けてその続きを書いていこうと思う。前回の最後にも書いたようにギリギリの進行での作業になってしまったのだけれど、結論から言えばなんとか会期スタートには間に合わせることができたし、それなりにきれいに仕上げることができた。まあしかし本当にギリギリだった。

で、前回の続き。古い、ぐずぐずになった床板(コンパネ)をすべてはがし終えると、床下空間の全貌が見えてきた。たくさんの支柱で支えているのだと想像していたのだが、意外にも支柱の数はさほど多くない。それでも太い桟(?)が縦横に渡してあって、それがしっかりと床を支えているようだ。

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00134069.jpg

改装を繰り返してきたとおぼしき室内と同じように、これまでの100年近い歴史の中で床下も何度も修繕と改修を繰り返してきたのだろう、支柱などに使われている木材は明らかにどこか別の場所からの流用に見えるものもあった。

これなんか、とても不思議な状態だ。

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00140625.jpg

不思議といえば、女物のサンダルが片足だけ床下に取り残されていたのも不思議だった。

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00135661.jpg

こういうのに出くわすと薄気味悪く感じる人もいるのだろう。僕は「片方だけ失くなって、不便だったろうな。きっといろいろ探し回ったんだろうな」などと思っただけだったのだが。

さて、さすがに床下のカビ臭さが気になったので、新しい床板を張る前に「湿度調整材」なるものを仕込むことにした。商品名はその名もずばり「床下さらり」。その正体は「ゼオライト」という天然の鉱物の一種のようで、周囲の空気中の湿度が高くなると水分を吸収し、湿度が下がると水分を放出する、という性質を持っているらしい。これを床下の地面に敷き詰める。10kgの袋を4袋、合計40kgを使用した。それでも少し足りないくらいだった。

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00141194.jpg

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00141975.jpg

改装のこと (7) 床はがし&床板張り_a0123573_00141688.jpg

これにどのくらいの効果があるのかははっきり言ってわからないが、完成した今、心なしかカビ臭いにおいが気にならなくなったような気はしている。もちろん気のせいかもしれない。

さらなる湿度・水分対策として、床板を打ち付ける木枠(杉の角材で、もともとあったもの)と新しい床板(コンパネ)の裏側に防水塗料を塗ることにした。これで木部の劣化をある程度は遅らせることができるだろう。

そしてようやく床板張りに取り掛かるのだが、その話は次回のブログへ。


by hrd-aki | 2020-11-26 00:27 | ギャラリー
<< 改装のこと (8) 床板仕上げ 栗原亜也子個展の会期終了とアポ... >>