人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 01月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【202..
at 2024-05-27 13:10
関連アーティスト情報【202..
at 2024-05-17 22:24
次回展覧会:「GOLD EX..
at 2024-05-05 03:43
関連アーティスト情報【202..
at 2024-05-03 02:04
「神戸アートマルシェ2024..
at 2024-04-16 20:27
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)

韓国・全州で開催された国際交流展「和/Harmony」について紹介するシリーズ(?)の第3回目は、前回の第2回目で予告したとおり地元・韓国の出品作家をご紹介。展示そのものにまつわるエントリーはこれが最後になる予定。

(日本人作家を紹介した(1)はこちら、中国人作家を紹介した(2)はこちら。)

韓国・全州からの出品作家は4名。チョ・ヘジュン、ボムジュン、イ・ルリ、ソ・ワンホの4名。イ・ルリだけが女性作家で、他の3名は男性。4人ともに全州出身のアーティストだ。

まずはチョ・へジュンから。チョ・ヘジュンは1972年生まれ。ソウルのK-ARTS(韓国国立芸術総合学校)を卒業したのち、ドイツに渡ってニュルンベルクやシュツットガルトの美術アカデミーで学んでいる。リサーチベースのコンセプチュアルなインスタレーションを主なフィールドとするアーティストで、今回の展示では、自分の父親が韓国軍(の中でも在韓米軍と行動をともにする「カトゥサ」と呼ばれる部隊)に所属していた際の経験談をベースにした《米軍とお父さん》を展示している。面白いのは、この作品で作家のチョ自身は一切「制作」をしておらず、展示されているドローイングは父親の手によるもの、そして油彩画はそのドローイングをもとに職業的肖像画家に依頼して制作したもの、というところだ。今回の展示作品ではないが、祖父と日本をテーマにした作品も制作している。

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03132125.jpeg

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03130813.jpeg

続いてはボムジュン。1985年生まれで、現在はソウルを拠点に活動しているペインター。キャンバスに油彩で、半透明のレイヤーを重ね合わせるように山々の風景を繊細かつ緻密に描く。山は生命を象徴し、またそれは作家にとっては永遠性や無限を暗示するものでもある。静謐でありながらも揺れ動くような、映像的感覚を感じさせる作品だ。

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03130849.jpeg

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03130806.jpeg

次のイ・ルリは1992年生まれ。鉄を使った立体作品を制作するアーティストで、ブロックのような小さな幾何学的パーツを溶接して組み合わせ、波打つような軽やかなフォルムを生み出している。一見、鉄でできているようには見えないのに(布や皮革、あるいは樹脂のようにしか見えない)、実際の作品はものすごく重い。その騙し絵的な視覚効果とそこから生じる感覚の違和、音楽的なリズム、小さなユニットの集合体がもたらす社会対個人のメタファーなど、重層的な鑑賞を引き出す彫刻作品となっている。

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03130894.jpeg

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03161175.jpeg

最後に紹介するのはソ・ワンホ。1982年生まれのペインターで、近年は風景絵画を中心として制作発表を続けている。画面に描かれるのは一見何の変哲もない、特徴の欠如した風景で、アーティストの主観は極力排除されているように見える。それは、声高なメッセージや背景情報を捨象することで、それぞれの鑑賞者の感情や記憶との間に唯一無二の回路を開通させようとする試みなのかもしれない。

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03175306.jpeg

韓国・全州の「和/Harmony」展のこと (3)_a0123573_03130896.jpeg

* * *

といった感じで、韓中日11名の作家・作品紹介はこれにて終了。ジャンルも媒体も主題も形式も多岐にわたり、世代や国籍、文化的な背景も異なる作家たちの作品が集まったグループ展なのだが、確実に「今」の世界、特に「東アジア」の社会文化状況を反映した、質の高い展覧会になったのではないかと思っている。

次回、第4回目以降があるかどうか(書く余力があるかどうか)は今のところはちょっとよくわからないけれど、「食の都」として知られる全州で食べたものを紹介する記事も書きたいなと思っているので、期待せずにのんびりとお待ちいただければと思う。そうそう、もうひとつのチョンジュ、清州のプロジェクトのことも書かなければ!


by hrd-aki | 2023-10-02 03:31 | レポート
<< 関連アーティスト情報【2023... 韓国・全州の「和/Harmon... >>