京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2018-11-23 14:34
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


荻野夕奈個展と耕心館

荻野さんの個展が開催された耕心館は、東京都西多摩郡瑞穂町というところにある。アーティストトークが行われた8月9日に初めてここを訪れた。

この耕心館、「複合文化施設」とでも呼ぶべきところで、ギャラリーでは展覧会、コンサートホールでは演奏会などが定期的に開催され、レストランもあり、また庭園もきれいに手入れされている。規模は大きくはないけれど、古民家風の建築も興味深い。

耕心館のウェブサイトには、
「周囲に塀をめぐらし、豪壮な母屋と二棟の土蔵から成るこの邸宅は、屋敷森に囲まれ、武蔵野の旧家のたたずまいを残しています。母屋の原型は、江戸時代末期の築造で、当時豪農として、その後醤油醸造業、養蚕業が営まれました。現在の2階は、演奏会・展覧会のための整備がなされましたが、養蚕のための家屋構造が確認できます。離れ和室は、大正時代に増築されたもので、特に和室の書院障子の木組みなどは、大正時代の建具の実例として貴重なものです。」
とある。

パンフレットにはその後の沿革として、
「昭和50年代にフランス料理店として大幅な改装を経て、平成12年、瑞穂町が取得し、整備したのが現在の耕心館です。」
と説明されている。
なるほど、大きな梁や柱など昨今流行の古民家移築建築のようにも見えるのだけれど、ここは「古民家風」とか「移築」とかではなく、その場でオリジナルの建物を改築しながら使われてきたもののようだ。現在は指定管理者制度のもと、アクティオ(株)という会社が管理運営している。

荻野さんの展示は、庭園で栽培されている山野草のイメージを取り入れた新作もあり、建物の雰囲気ともしっくりマッチしていた。そしてアーティストトークは、聞き手に「町中アート大学」を主宰している毛原大樹さん(http://mnau.to)。毛原さんは荻野さんの東京芸大の後輩で、旧知の間柄ということもあってか、トークは終始リラックスしたアットホームな雰囲気。それでも制作の核心に触れる話もいろいろと出てきて、なかなか勉強になった。
こういう機会でもないかぎりなかなか行くことのない場所だけれど、耕心館も心地よい場所だったし、荻野さんの新作も新しい方向に進んでいるように感じられたし、暑い中電車を乗り継いで足を運ぶだけの価値は十二分にあったと思う。
荻野さん、皆さん、おつかれさまでした。

耕心館のウェブサイト
http://www.koshinkan.jp/

a0123573_21253530.jpg

a0123573_21255796.jpg

a0123573_2126235.jpg

a0123573_21263744.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-19 21:37 | アーティスト
<< ワンピース倶楽部展 栗原亜也子のオセロゲーム >>