京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
ワークショップ「グリッドの中..
at 2018-07-27 23:08
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-24 03:11
6月18日の地震について
at 2018-06-19 00:06
栗原亜也子によるオセロペイン..
at 2018-06-14 23:59
関連アーティスト情報【201..
at 2018-06-13 23:31
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


KIAF 2009

韓国最大のアートフェア「KIAF」を見てきた。
KIAFはソウル江南の三成(サムソン)にあるCOEXというコンベンションセンターで毎年開催されている。去年までは1階のホールを使っていたのが、今回は3階に移動していた。「不況で予算が少ないからじゃない?」というのは一緒に見に行ったソウルの友人の弁。それでも会場は大きいし、ひとつひとつのギャラリーブースのサイズも日本のアートフェアでは考えられないくらい広い。

KIAFはここ数年毎年見続けている。一昨年までは倍々ゲームに近い感覚で拡大を続けてアジア最大と言ってもいいような規模に成長してきたアートフェアだけれど、去年はリーマンショックの直後で完全な沈滞ムード。みんなが「最悪のタイミング」と言っていた。今年もその「最悪のタイミング」が続いているようで、知り合いの韓国人ギャラリストたちもどこかしら表情が暗い。
それでも一定の規模と国際性を担保しようとするフェアの姿勢は見習うべきものがある。今年の招待国はオーストラリアのようで、有名なNiagara Galleryをはじめ数件のギャラリーが出展していたし、ホールの一画ではインド現代美術の特別展も開催されていた。

***

a0123573_23521318.jpg
僕が行ったのは日曜日。開場から間もない11時過ぎで、まだ閑散としているホール内。

a0123573_2357694.jpg
インド現代美術の特別展。

a0123573_23571810.jpg
10月の「余韻/響き」展でもお世話になるHyunjoo Parkさんの作品展示。ソウルのVit Galleryのブースにて。

a0123573_23575513.jpg
これは女の子3人組(?)のハプニング的なパフォーマンスの一場面。

***

http://www.kiaf.org/
[PR]
by hrd-aki | 2009-09-27 00:19 | レポート
<< 福岡アジア美術トリエンナーレ 地方文化通信:犬島アートプロジ... >>