京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2018-11-23 14:34
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


熊本・河原町のこと

熊本市の河原町と呼ばれる一画は、もとは繊維問屋街として栄えていたところだという。今では問屋や店舗はほとんどすべて姿を消し、シャッター商店街も通り越して半ば廃墟のような趣も漂っている。レンガやコンクリートブロックを使った、建築史的にも産業史的にもおそらく面白い史料となるであろう長屋風の建物が狭いアーケードを形成し、ひとつひとつの店舗の間口は小さく、ほぼすべて2階が住居として使われていた。見上げると、プラスチックの波形トタンをいい加減につなぎ合わせた天井=屋根がなんとも頼りなく、同時にたくましくも見え、この場所が経てきた歴史を物語っている。

「今では」と書いたが、「半ば廃墟」というのは今から5、6年くらい前までの話で、その頃から河原町はいわば第二の人生を歩み始めたといっても過言ではないと思う。ギャラリーやクラフトのショップ、アーティストの工房やアトリエが入居しはじめ、かつての問屋街はそのゲニウス・ロキ(地霊)を汲み取りながら「クリエイターの街」として新たな装いをまといはじめたからだ。

11月に荻野夕奈の個展を開催するギャラリーADOはこの河原町にあり、位置的にも機能的にもその中心となっている。オーナーの黒田さんは、河原町のアート活動を推進する「河原町文化研究所」を率いる中心人物だ。ここももともとは衣料品の卸問屋兼住居だったところで、現在は1階はカフェバー、居住スペースだった2階が展示スペースとなっている。

熊本市立現代美術館という良質な現代美術館があるにもかかわらず、市内には河原町以外に現代アートの企画ギャラリーはほとんどないというし、熊本も(日本の他の場所と変わらず)現代美術やアートが盛んな土地柄ではないようだ(そんな土地がいったい日本に存在するのかどうか、そもそも疑問だけれど)。「アートっていうとそれだけで敬遠されてしまうところがあるから、カフェとして営業することでとにかく敷居を低くして、まずは入口としていろんな人に興味を持ってもらいたかった」と黒田さんも言う。そんな狙いは着々と成果を挙げつつあるようで、今年8月にはインスタレーション作家の大巻伸嗣を招いてアートイベントを開催するなど、「クリエイターの街」の活動は奥行きと広がりを増している。

何よりもこの場所に染み着いた歴史、そしてほとんど問屋街という機能だけを果たすためにつくられ、今ではその機能を剥奪された建築の持つ力は、他では得難いものだろう。僕は9月にここを初めて訪れたのだけれど、現代アートの舞台として大きな可能性を持った場所だと思った。そんな場所で荻野夕奈の作品がどのように見えるか、またどう見せられるか、今から楽しみだ。

a0123573_234090.jpg
レンガやコンクリートブロックの建物。

a0123573_2326390.jpg
中はこんな感じ。

a0123573_23262737.jpg
ギャラリーADOの1階、カフェバーのスペース。

a0123573_23264816.jpg
展示室内。上薗隼という彫刻作家の個展が開催中だった。鉄や廃材を使ったインスタレーション展示で、立体的な空間の活かし方が印象的。

***

河原町のウェブサイト
http://www.kawaramachi.net/
[PR]
by hrd-aki | 2009-10-16 23:52 | 雑感
<< 「余韻/響き」展オープニング 銭湯+現代美術 >>