人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2019-08-10 22:41
清州訪問記 (2)
at 2019-08-10 04:17
清州訪問記 (1)
at 2019-08-10 03:41
タクシードライバー・イン・ソ..
at 2019-08-07 15:00
「Boundaries」展パ..
at 2019-07-31 17:25
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

養源院で文化財の経営について考える

京都の三十三間堂の向かいに養源院という小さなお寺がある。徳川将軍家の菩提寺で、代々の将軍の位牌が納められているというのだから由緒のある寺だ。ここでは琳派の祖、俵屋宗達の絵画の数々をガイドツアー付きで見ることができる。

宗達の絵はちょっと後回しにして、まずは養源院のもうひとつの売り物「血天井」を見てみよう。「血天井」とは、徳川家康の重臣、鳥居元忠とその部下80余人が石田三成に攻められて集団自決した伏見城から、血に染まった床板を運び出して供養のために天井に上げて弔った、というちょっとおどろおどろしい由来のある天井だ。見上げると確かに赤黒い染みが全体に残っている。作務衣のスタッフの女性が竹竿であちこちと指しながら「ここが頭、ここが胴体、ここに片足がすっと伸びまして、ここは腕をこう曲げております」などと気味悪いことを淡々と説明してくれる。「あそこに赤黒くむらむらと染まっておりますのが……」という言葉遣いがちょっとおかしかった。むらむらって……。
ガイドツアー付きといってもライブの解説が聞けるのはこの血天井のところだけで、あとは作務衣のスタッフの女性がハーレムのヒップホップ系黒人よろしく小さなラジカセを持ち歩いて、カシャッと再生ボタンを押して解説を流し、終わったらまた別の場所に連れていってまたラジカセを鳴らす、という省エネシステム。

そんなラジカセ解説を聞き流しながら見る宗達の杉戸絵は獅子、麒麟、白象を杉の板戸に描いたもので、大胆な構図と筆遣い、動物のユーモラスな動きや表情が特徴的。現代の目から見ても新鮮だし、マンガ的な遊び心が感じられる。血天井のあるこの寺で、鳥居元忠とその部下たちの霊を慰めるためにこのようなおかしみのある表現にした、とも言われているらしい。外気と太陽光にさらされる板戸に描かれた絵だから鮮やかな色はすべては残ってはいないようだけれど、保存状態は悪くない。ただ8面(獅子4面、麒麟2面、象2面)あるうちの6面しか見ることはできない(獅子の4面のうち2面が象の裏にあって非公開)。

それにしてもこのお寺、見捨てられた荒れ寺といった風情がここかしこに漂っている。血天井の下、本堂の廊下の床は左甚五郎がつくった鶯張だし、他に宗達が描いた若松老松の襖絵も迫力がある。みどころは十分なのに、どうしてこうも「イケてない」雰囲気なのだろうか。敷地は広いようなのに、庭木の手入れも行き届いていないし、一画は空き地みたいに草ぼうぼうで駐車場がわりに使われてしまっている。もちろん観光地っぽくつくりこんでいないのには好感が持てるが、でももう少しぐらい見せる工夫をしてもいいのではないか、と思ってしまった。拝観料500円は決して安くはないと思うのだけれど、もしも懐具合の問題なのだとしたら象とか獅子のTシャツとかエコバッグでもつくればそれなりに売れるだろうし、血天井だって……あ、これはグッズ化は難しいかな。

a0123573_19294345.jpg


最後にちょっと気になったこと。宗達の襖絵と杉戸絵の上には、金文字で「国宝」と大書した額がいちいち掲げてある。キャプションというには大きくて目立ちすぎるけれど、まあキャプションの一種だろう。ところがこれらの宗達作品は実はすべて国宝ではなく国の重要文化財なのだ。気分的には「国の宝」というぐらいの大雑把な主張なんだろうけど、見るほうは「あ、これ国宝なんだ」と思ってしまうだろう(僕もWikipediaで俵屋宗達を調べて確認するまでは国宝なんだろうと思っていた。ちなみに宗達の国宝は風神雷神含めて3つしかない)。

そこで今日の疑問その1。「国宝」ではないのに「国宝」と表示するのは別にいいのか?
疑問その2。所蔵品が国宝とか重要文化財とかに指定されると、その管理や保護のために何がしかの補助金が国から出るのだろうか?
by hrd-aki | 2009-06-30 19:46 | 雑感

奈良でシュルレアリスムへ誘われる

奈良県立美術館で開催されている「シュルレアリスムへの誘い 〜幻想・奇想・夢〜」を見てきた。
閉館30分前、入館受付時間ギリギリに入って、来場者は僕ひとり。館内ボランティアスタッフたちの視線の集中に居たたまれず(というのは思い過ごしだろうけど)、15分くらいでひととおり見て退散した。実のところ15分でも十分じっくり見た感じ。駆け足で展覧会を見る癖がついてしまっているにしても。

「奈良県立近代美術館が所蔵する近・現代コレクションの中で、シュルレアリスムを推進した日本人画家たちの作品や、シュルレアリスムから影響を受けた作品、さらにはシュルレアリスムから派生した抽象表現主義の作品などに焦点を当て、その豊饒なる心象風景を展観していただこうとするものです」と作品解説パンフレットにあるように、特別展とはいってもコレクションからのセレクション展だし、正確にはタイトルに「日本の」というただし書きを加えなければならない。
むしろ、こうしたテーマに絞っても全館で企画展ができてしまうのだから、この美術館の収集方針が少なくともある時期には日本のシュルレアリスムにフォーカスしていたということだろうし、別の言い方をすればそういったトレンドがそれなりの長い期間にわたって日本の近現代美術を支配していたのだとも言える。

そんな「日本のシュルレアリスム」に位置づけられる作品は、見るからにデ・キリコ風の六條篤(この人は奈良出身なので「郷土作家枠」での収蔵か?)とか、「ダリっぽいなあ」というような古沢岩美をはじめとして「なんとなく思わせぶり」な表現が目白押しで、作品の前に立ち止まらせるような力は正直ほとんど感じない(ちなみに古沢岩美の「桜島」という作品には「小品ながら幻想と官能が交錯する古沢ワールドが遺憾なく発揮されている」という、わかるようなわからないような解説がついている)。美大の卒業制作展を見に行くと、油画日本画問わず必ずこの手の作品を相当数見ることができて、その意味では「思わせぶり」は日本の絵画表現に脈々と息づくひとつの伝統なのかもしれない、などと思ったり、韓国の昨今のコンテンポラリーアートマーケットでもこういう感じの作品は多いから、あるいは東アジア的近代に根ざしたものなのかなと思ったり。

間違いなくある一時代を画した「日本のシュルレアリスム」から、今の現代美術マーケットに見られる絵画群に向けて、どのような線が引けるのか。あるいはそこにはどんな線も結べない深い断絶があるのか。そのへんの「今」につながる再評価・整理の視点があればいい展覧会になるのになあ、と思いながら早足で通り過ぎようとした最後の展示室に津高和一の作品がいくつかあって、それだけでも個人的には見に行ってよかったと思ってしまったのだった。

a0123573_1144747.jpg


a0123573_1154917.jpg


ポスターに使われているのは古沢岩美の「壁」(1950年)。

***

シュルレアリスムへの誘い 〜幻想・奇想・夢〜
奈良県立美術館
2009年6月6日〜8月30日
by hrd-aki | 2009-06-26 01:28 | レポート

ブログはじめました

ブログをはじめました。

アートコンサルティングのオフィスを主宰しています。
www.hrdfineart.com

アートマネジメントの仕事のこと、アーティストのこと、展覧会のこと、アートマーケットのことなど、現代アートにまつわる話題でいろいろ書いていこうと思っています。
by hrd-aki | 2009-06-16 15:34 | おしらせ