京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
関連アーティスト情報【201..
at 2018-09-18 02:32
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家具&手織物工房「tass」紹介

今回は現代アートではなく家具のハナシ。
静岡市内で家具工房「tass」を主宰している遠藤君は高校時代以来の友人だ。富山県の高岡短期大学で木工を学び、さらにスウェーデンのエーランド島にある工芸学校「カペラゴーデン」に留学。家具のマイスターも取得し、卒業後はスウェーデン国内でいくつかの工房や家具製作会社などに務め、帰国後、同じくカペラゴーデンで学び、染織を手がける奥さんと一緒に工房「tass」を設立した。かわいい双子の女の子の父親でもある。
この夏、久しぶりに工房を訪ねた。

インテリアとアートというのは実は近い関係にあるので、家具やインテリアの業界やマーケットがどのように動いているのかを知ることは案外参考になる。もちろん、収納や生活などの機能が前提となる家具や織物などと、「飾る」こと以外にはっきりとした使い道のない(ときには飾ることにさえ向かない)アート作品とでは、様々に条件が異なるのだけれど、こと遠藤君のつくるもののような一点モノの手作りの家具に関して言えば、「作家性と市場の要求」や「価格と需要」といったところで、アートマーケットにも共通する問題が数多くある。

ひとつの面白いテーマが、住にまつわる日本の伝統や慣習に関する話。よく指摘されることだけれど、日本家屋では構造を支える役目は柱が果たしていて、間仕切りとしてのふすまや障子は動かしたり外したりすることが前提となる。だからそれは壁とは呼べない。壁がないということは、そこに絵を飾るというコンセプトもそもそも存在しないということになる。そのかわりに、襖絵などの障壁画や、最初から収納保管に便利なように考えられた屏風や掛け軸などが室内装飾として考案され、発展してきた。これは、建築構造の一部としての壁がふんだんにあって、その壁を飾るために絵画が必要とされた欧米の家屋とは事情が大きく異なる。
家具についても話は似ていて、壁が可変・可動だから据え付けの家具を置くことができない。さっきまで壁だったところが通路になったり、というフレキシビリティを活かすためには、収納は押し入れや天袋に固定して、家具は小さく動かしやすいものでなければならない。だから、同じ家具でも欧米と日本とではかなり異なる発展を遂げてきたのだ。

もちろん、椅子テーブルのライフスタイルを含めて今や欧米の生活様式は日本に完全に浸透している。しかし、それでも様々な部分で(例えば広さや長さのモジュールとしての畳数とか、外開きの玄関扉とか)日本家屋の伝統は姿を現してくるので、そこに、家具にしてもアートにしても、「ならでは」の面白さを見出すこともできるのかもしれない。

家具づくりの技術的な話も、いつ聞いても面白い。日本の夏の湿度の高さはものすごく、木材の伸び縮みは引き出しや扉の動きを大きく狂わせるらしい。その狂いをいかに最小限に抑えるか、そのためにいかに木目の方向をうまく組み合わせるか、ということが重要になるという。収納家具に限らず、椅子やテーブルなどでも同じことで、見た目だけにとらわれて伸縮を考慮せずにつくると木が割れてしまうこともあるのだとか。日本で桐ダンスが多く使われてきたのは、桐材が湿度による伸縮の影響を受けにくい材質だからだというのも、なるほどという話だった。改めて、気候風土と生活様式、文化とは密接につながっているものなのだということに気付かされる。

遠藤君がつくるtassの家具は、そのような日本の気候の特質にも配慮して、しかも細部にこだわった美しいフォルムを持っている。奥さんの博子さんがつくる織物も、やさしい色と風合いが北欧的でありながら、日本の生活にもしっくりと馴染みそうだ。
ご興味のある方はtassのウェブサイトへ。
http://www.tassen.jp/

***

工房や家具作品の写真を撮ってくるのをすっかり忘れてしまったので、かわりに静岡駅のカフェにあった「茶ッチーノ」をご紹介。抹茶とカプチーノを折衷したパフェ風の飲み物で、今回のブログの「和」と「洋」というテーマにも合うのではないか……というのはさすがに無理があるけれど、それにしてもなかなか大胆なネーミングだと思う。割とおいしかったけど。

a0123573_1581445.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-25 02:11 | 雑感

ART OSAKA 2009

大阪北区の堂島ホテルで開催されていたART OSAKA。ホテルの客室を使ったアートフェアは東京神楽坂のART@AGNESをはじめとして日本でも市民権を得てきたように思うけれど、関西でアートフェアを見るのは初めてなので、大阪ならではのアートフェアの雰囲気とかいうあたりにも興味があった。

で、結論から言うと、当たり前かもしれないけど東京も大阪もそれほど大きな違いは感じられなかった。
堂島ホテルは老舗のホテルをリノベーションした流行のデザイナーズホテルで(それにしてもなぜデザイナーズホテルというとほぼ例外なくみんなベッドルームからバスルームが丸見えになるようなつくりになっているのだろうか? 何か基準でもあるのだろうか?)、決して広くはない客室に作品が詰め込まれていて作品鑑賞には理想的な環境とは決して言えない。けれど、どこのホテルアートフェアでもこれは同じで、この密度がホテルアートフェアの魅力でもあるのだろう。
インテリアの中に作品を飾った状態をシミュレートできるのがホテルアートフェアの特徴だということが言われることがあるけれど、こんなに作品を詰め込むことは実際の居住空間ではないだろうし、ベッドの上とかシャワーの横に作品を置くこともあまりないだろうから、そういう意味でのホテルならではのメリットというのは実際にはほとんどない。やはりブース設営のコストがかからないというのがホテルでアートフェアを開催することの最大のプラスなのだろうと思う。

ART OSAKAは初日が招待客のみのプレビュー、2日目と3日目が一般公開日となっていた(僕が行ったのは2日目)。関西圏だけでなく、東京からもいくつかのギャラリーが出展していたけれど、海外からの参加は韓国から2軒、台湾から2軒の計4軒のみ。ちょっと寂しい。
去年も出展したという東京のギャラリーの方に話を聞いたら、客足は去年よりもスロー、とのこと。もちろんアートフェアでは何人来るかよりもいくつ売れるかのほうがはるかに重要なのだけれど、J-WAVEあたりとタイアップしてプロモーションしていたART@AGNESと比べると、やはり静かで地味な印象ではあった。今年の(最後の)ART@AGNESは僕は見に行けなかったので、こと今年に関してフェアな比較が出来るとは思えないけれど。残暑厳しい夏休み、というのもマイナス要因になっているかもしれない。

ひとつ気になったのが、ブース(部屋)の入口に付けてあるギャラリー名の表示がしばしば間違っていたこと。Art Court GalleryがArt Cortになってたり、Soh GalleryがSho Galleryになってたり。外国のギャラリー名じゃないんだし、事務局ももうちょっと気をつけたほうがいいのではないか。あるいはこのおおらかさが大阪スタイルなのか。

前回のブログで書いたワンピース倶楽部の代表の石鍋さんのレクチャーも開催されていたので聴講してきた。その話でも触れられていたけれど、日本のアートフェアに海外から(特に欧米から)ギャラリーが出展してこないというのはやはりネガティブな要素だと思う。単純にアートマーケットの問題だけでなく物価、地理条件などなど、様々な要因が絡んでくることなのだけれど。

最後に、気になった作家の名前をいくつか(前から知っている作家も含めて)。
・坂田峰夫(写真/Gallery Out of Place=奈良・東京)
・田中加織(絵画/Gallery Art Composition=東京)
・櫻井伸也(絵画/夢創館=神戸)
・竹谷満(絵画/Megumi Ogita Gallery=東京)

***

ART OSAKA 2009
http://www.artosaka.jp/

a0123573_12271355.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-24 12:36 | レポート

ワンピース倶楽部展

東京・渋谷で「ワンピース倶楽部」の年1回の展覧会「はじめてかもしれない」を見てきた(8月8日から12日までの会期で、展覧会はすでに終了している)。

このワンピース倶楽部、会員になると年間に少なくとも1点、アート作品を購入しなければならないというルールのもとに集まったコレクターの会で、年に1回、会員の購入作品を集めて「発表」する展覧会を開いている。今回の展覧会は昨年に続き第2回目。ほかに定期的にギャラリーめぐりやレクチャーなども行っているという。

今活動しているアーティストを応援し、サポートするというのがこの会のひとつの大きな目的になっている。購入作品の条件は、現存の作家の作品であるということ一点だけで、作品は現代美術であっても工芸であってもかまわない。

共同出資して作品を購入するアートファンドの例は海外でもいくつか耳にしたことはあるけれど、こういったコレクターのクラブは他にあまり例がないのではないかと思う。と同時に、このような「仕掛け」なしでは、美術作品をコレクションするということの社会化(購入するだけでなく、公開し、社会と共有していくということ)は日本ではまだまだ難しいのだろうな、とも考えさせられる。

展示作品は(当然ながら)バラエティに富んでいて、またそれぞれの作品に添えられた「購入理由」というキャプションを読むのも興味深く、通常のギャラリーの展覧会とはひと味違う面白さがあった。

***

ワンピース倶楽部のウェブサイト
http://one-piece-club.jp/

a0123573_2153894.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-19 22:23 | レポート

荻野夕奈個展と耕心館

荻野さんの個展が開催された耕心館は、東京都西多摩郡瑞穂町というところにある。アーティストトークが行われた8月9日に初めてここを訪れた。

この耕心館、「複合文化施設」とでも呼ぶべきところで、ギャラリーでは展覧会、コンサートホールでは演奏会などが定期的に開催され、レストランもあり、また庭園もきれいに手入れされている。規模は大きくはないけれど、古民家風の建築も興味深い。

耕心館のウェブサイトには、
「周囲に塀をめぐらし、豪壮な母屋と二棟の土蔵から成るこの邸宅は、屋敷森に囲まれ、武蔵野の旧家のたたずまいを残しています。母屋の原型は、江戸時代末期の築造で、当時豪農として、その後醤油醸造業、養蚕業が営まれました。現在の2階は、演奏会・展覧会のための整備がなされましたが、養蚕のための家屋構造が確認できます。離れ和室は、大正時代に増築されたもので、特に和室の書院障子の木組みなどは、大正時代の建具の実例として貴重なものです。」
とある。

パンフレットにはその後の沿革として、
「昭和50年代にフランス料理店として大幅な改装を経て、平成12年、瑞穂町が取得し、整備したのが現在の耕心館です。」
と説明されている。
なるほど、大きな梁や柱など昨今流行の古民家移築建築のようにも見えるのだけれど、ここは「古民家風」とか「移築」とかではなく、その場でオリジナルの建物を改築しながら使われてきたもののようだ。現在は指定管理者制度のもと、アクティオ(株)という会社が管理運営している。

荻野さんの展示は、庭園で栽培されている山野草のイメージを取り入れた新作もあり、建物の雰囲気ともしっくりマッチしていた。そしてアーティストトークは、聞き手に「町中アート大学」を主宰している毛原大樹さん(http://mnau.to)。毛原さんは荻野さんの東京芸大の後輩で、旧知の間柄ということもあってか、トークは終始リラックスしたアットホームな雰囲気。それでも制作の核心に触れる話もいろいろと出てきて、なかなか勉強になった。
こういう機会でもないかぎりなかなか行くことのない場所だけれど、耕心館も心地よい場所だったし、荻野さんの新作も新しい方向に進んでいるように感じられたし、暑い中電車を乗り継いで足を運ぶだけの価値は十二分にあったと思う。
荻野さん、皆さん、おつかれさまでした。

耕心館のウェブサイト
http://www.koshinkan.jp/

a0123573_21253530.jpg

a0123573_21255796.jpg

a0123573_2126235.jpg

a0123573_21263744.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-19 21:37 | アーティスト

栗原亜也子のオセロゲーム

先々週、アーティストの栗原亜也子さんの公開滞在制作「Mind Games 2009 in 桜荘」にお邪魔してきた。
滞在制作はすでに7月末で終了になってしまったので(クロージングのパーティーは大盛況だったとか)、事後報告ということでやや遅きに失した感のあるエントリーだけれど。

栗原さんは、ソウルで昨年開催された「Blue Dot Asia 2008」という、東アジアの若手作家の紹介を目的としたアートフェアとアートフェスティバルの中間のような展覧会に僕が出品をコーディネートした作家で、そのときには写真の作品を出品していただいたのだけれど、身重の体で行った今回の滞在制作では、オセロゲーム(英語ではReversi)をモチーフにした作品制作を主に展開していた。

「ひとりオセロゲーム」は、栗原さんが白と黒のプレーヤーを入れ替わりながらいわば一人二役でゲームを続けていくというものだ。盤面(今回はレジデンスの窓ガラスに引いたグリッド)で白と黒のパターンが一見無秩序に増殖していく。それもオセロのコマのようなモノは使わず、白と黒のアクリルジェッソをスタンプする、という方式で、下に置かれたマルが乾く間もなく上から重ねていくので、子どもが手遊びに意味のないカタチで紙を埋めていくように、画面ができあがっていく(あるいはいつまでたってもできあがらない)。見た目上は無秩序であっても、原則としてオセロゲームの基本ルールには則っているので、抑制された無秩序とでも呼ぶべきものがそこには生まれている。そして、「勝つとは? 負けるとは?」といったような問いが浮かび上がってくる。

来た人が紙の盤面でオセロの対戦をすることもできる。といっても、同様に白と黒のコマはジェッソでスタンプしていくスタイルで、僕も一局、一緒に行ったアーティストと対戦してきた。結果は4コマ差の辛勝。子どもの頃はオセロでは全く勝てなかったものだけれど、やはりオトナになって性格的にねちっこくなってきてしまったのだろうか?

公開制作の舞台となったBankART桜荘は横浜の黄金町というところにあって、このあたりは違法風俗の店が立ち並ぶ赤線地域だったらしい。表向きは小料理屋などの飲食店の体をして営業していたそれらの店を近年一斉摘発し、新たな町づくりをするにあたって、アートをひとつの軸に据えて、BankARTのレジデンス施設も組み込まれた、ということのようだ。「桜荘」の建物自体、もとはそういった風俗店のひとつだったという。防犯拠点としての役割もあって、夜間でも(不在でも)明かりを点したままにしておく、というルールがある、という栗原さんの説明だった(ただし今はすぐ隣に交番が建てられているので、防犯拠点としての役割はほとんどなくなっている)。

BankART桜荘とは別に、黄金町では横浜トリエンナーレと連動した「黄金町バザール」という町おこし型アートイベントも行われている。BankARTと黄金町バザールが連携してこの地域全体のプログラムを展開している。のかと思いきや、この両者の関係は案外ぎくしゃくしているというのが栗原さんの解説で(これはオフレコだったでしょうか?)、僕としてはそのへんの事情に強く興味を抱いてしまったのだった。

a0123573_0561423.jpg

a0123573_0564532.jpg

a0123573_0571662.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2009-08-03 01:02 | アーティスト