人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2019-08-10 22:41
清州訪問記 (2)
at 2019-08-10 04:17
清州訪問記 (1)
at 2019-08-10 03:41
タクシードライバー・イン・ソ..
at 2019-08-07 15:00
「Boundaries」展パ..
at 2019-07-31 17:25
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

出窓

天気がよかったので、オフィススペースにしている自宅1階の出窓を掃除した。
長い間手入れされていなかったようで、黒いススみたいな汚れと、土埃がたまっている。水洗いして、かなりすっきり、気分もよくなった。

汚れはともかく、築80年以上という古い京町家らしく、木の格子や磨りガラスのサッシは年期が入っていてなかなか魅力的。ここを小さなウィンドウギャラリーにして、ちょっとした作品展示ができるようにしていく計画だ。4月にはスタートの予定で、古都らしい空間と、現代アートの作品と、面白いミスマッチが生まれるのではないかと期待している。


a0123573_1332674.jpg

a0123573_133394.jpg

a0123573_13325853.jpg
奇妙な落書きを柱の裏側に発見。何だろうこれ?
by hrd-aki | 2010-03-09 13:39 | ギャラリー

「DON'T FREEZE」展

京都精華大学洋画専攻4回生の作品展「DON'T FREEZE」を初日に訪れた。会場は京阪「樟葉」駅のくずはモール内にある「くずはアートギャラリー」。普段は市民ギャラリーとして主にカルチャースクールなどの発表展覧会を行ったりしているところらしいが、ギャラリーの関係者が精華大の卒業生ということもあって、近年、精華大の学生の展示を継続的に開催しているという。今回は一緒にお仕事をさせていただいているアーティスト、安喜万佐子さんの担当ゼミの学生による展示。

4回生の展示ということだから、いわゆる卒業制作展としての位置づけだが、ただ集大成的に作品を並べるだけでなく、学生同士で解説文を相互に書き、キャプションとして掲示しているのが特徴だ。他人の作品を批評的な目で見て、それを言葉に表していくという作業を経験することは、ひるがえって自分の作品を検証することにも大いに役立つ。そうして自分の作品を客観視し、批評する目を持つということは、美術作家として作品を制作し発表していく上でどうしても必要になってくる能力だ。
もちろん、批評にはある視座(立ち位置)が必要なので、それをまだ必ずしも持たない学生が書いた個々の解説の内容については、「?」というような投げ槍なものも確かにあったけれど、こうした試み自体が、学生の制作展示においてはとても意味のあることなのだろうと思った。

a0123573_130514.jpg

a0123573_1312859.jpg

展示は3月10日まで。木曜休廊。
by hrd-aki | 2010-03-02 01:33 | レポート