人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「Boundaries」会期..
at 2019-05-26 04:14
「御霊祭を楽しむ会2019」..
at 2019-05-16 16:51
「Boundaries」オー..
at 2019-04-29 16:46
GW期間中の営業について
at 2019-04-26 16:32
関連アーティスト情報【201..
at 2019-04-25 01:32
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美術館にアートを贈る会

もちろんアートに対してはいろんな考え方があっていいし、いろんな関わり方があっていい。しかし、「伊庭靖子さんの絵画作品を、美術館に贈りましょう!」というキャッチコピーが踊るチラシを目にした時に感じた底深い違和感については、やはりひとことふたこと書いておかなければならないと思う。

a0123573_2404883.jpg

作品寄贈というのは日本でも海外でも美術館のコレクション形成において大きな位置を占めている。コレクターが死後または生前にすべてのコレクションをある美術館にまとめて寄贈することもあるし、作家が自らつくりためた作品群を主に地元の美術館に寄贈または寄託することもある。美術館が作家または画廊から作品を購入する場合、1点は購入するかわりに2点目、3点目を寄贈という形で、つまり無償提供を要求することもある。もちろんいずれの場合にも(少なくとも日本の公立美術館の場合)寄贈を受け入れるかどうかの審査があり、美術館側の主体的な判断が(少なくとも建前上は)働くことになる。

これが美術館と寄贈というテーマの基礎知識だ。そこでこの「美術館にアートを贈る会」についての考察に移ると、まずこの名称から一見して想起できること、つまりコレクターが自分のコレクションの中の作品を美術館に寄贈しますという活動ではない。会員を募集し、資金を募って、アーティストから作品を購入し、そしてそれを美術館に寄贈する提案をする、というのが大雑把な活動内容であるという。以下上述のチラシからの引用。

「当会は、アートの好きな私たちが、美術作品を選定しその作品の所蔵者としてふさわしい美術館を見つけ、受け入れを交渉し、協力者を募って皆で寄贈をする……(中略)……私たち市民がこんな作品をもってほしいと、美術館に積極的にアートを贈っていくことで、美術館が市民のための役割をこれまで以上に考えるきっかけになればとも願っています……(以下略)」

僕はこの文章を読んで「プロ市民」という言葉を(ネット社会で使われるこの用語の正確な意味はよくわからないけれど)思い浮かべてしまった。

底深い違和感を生み出しているキーワードは、間違いなく、「アートの好きな私たち」という言葉と、「私たち市民」という言葉だ。アートは特別なもの、それに関わる私たちも特別な存在、という選別主義と、アートはみんなのもの、社会全体の共有財産でなければならない、という平等主義が、無邪気に(しかし巧妙に)同居しているところに、美術に関わる仕事をしている者として感じる居心地の悪さがある。ここには「市民運動・社会活動」というベールをかぶったエリーティズムがうごめいていないだろうか?

例えば伊庭靖子の作品を(チラシ裏面の説明によるとマーケットプライスよりもかなり安い「特別価格」で購入し)寄贈しようとしている先は滋賀県立近代美術館だが、この寄贈に参加するための要件として、滋賀県民であることも滋賀県に関わりがあることも求められてはいない。一方、「贈る会」に参加していない(またする気もない)滋賀県民にとって、そもそもの伊庭靖子の作品の選定と決定の是非に係わる機会も、これに疑義を唱える場も与えられていない。「美術館が市民のための役割をこれまで以上に考えるきっかけ」というときれいに聞こえるが、実態は「アートの好きな私たちが、あなたのところの美術館にふさわしい作品を選んであげるから、ありがたく見に行きなさい」ということにすぎないのではないだろうか。美術館から「贈る会」に、決定権が少し委譲(あるいは放棄)されたというだけの話なのではないだろうか。

「アートの好きな私たち」と言っているうちはまだいいのだろうが、これが「私たちの好きなアート」にすり替わってしまうということは結構簡単に起こりうる。いや、むしろこのすり替えは「贈る会」の発足当初から、会の趣旨そのものにすでに組み込まれていると見るべきなのだろう。そして、そこにこそすべての違和感の根っこがあるのだ。

「美術館にアートを贈る会」ウェブサイト
http://www.art-okuru.org/
by hrd-aki | 2010-07-26 02:58 | 雑感

芸術実用

書店の芸術・デザイン書コーナーでこんな表示の書棚を見つけた。
この棚に並んでいる本はデッサンのテキストだったり技法書だったりと確かに「実用」の書だ。しかしそれが「芸術」という熟語と組み合わされると、えも言われぬ違和感が生まれる。もし「芸術」そのものが「無用」の営みであるなら、それを生み出すための技法や技術を指南する書物は果たして「実用」と呼べるのだろうか?
書店員はもちろんそこまで考えていないだろうが、これはとても面白い。そしていろいろと考えさせられる。

a0123573_2115711.jpg
by hrd-aki | 2010-07-18 02:14 | 雑感