京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2018-09-18 02:32
ジェビ襲来
at 2018-09-06 02:19
「アートフェアアジア福岡20..
at 2018-09-01 23:59
関連アーティスト情報【201..
at 2018-09-01 23:20
ワークショップ「グリッドの中..
at 2018-07-27 23:08
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京都精華大学でのトークイベント

もうすでに1カ月以上前のことになるが、7月に京都精華大学の絵画専攻の学生たちを相手にしたトークイベントでアートの仕事について話をした。

a0123573_1744130.jpg

「作品・仕事紹介と座談会:The Road Not Taken - 遊牧・遊撃・遊覧が開いた世界」と題されたこの特別講義は、精華大学で非常勤講師を務める作家・安喜万佐子の受け持つ洋画専攻の学生たちが対象で、トークと座談会の前にはアトリエで学生たちの作品を見せてもらう時間もあり、即席の講評会も行われた。

スピーカーは3人。アーティストの井上信太、林ケイタの両氏と僕。お二人はアーティストなので、これまでの作品や活動について、映像やスライドショーを交えて話をされていた。僕は唯一ものづくりをしない立場の人間だったので、これまでの仕事上の体験談、特に海外のアートの現場を写真中心に紹介した。

井上さんの「羊の放牧プロジェクト」の記録ビデオもとても面白かったし、林さんの学生時代からの作品の展開をまとめた映像もとても魅力的だった。そしてお二人とも話がとても上手い。いろいろと勉強させていただいた。

これから進路を定めていく学生たちにとっても、実際にアーティストとして継続的に活動している実例を目の前にし、その実体験に触れる機会というのはとても貴重なものになったことと思う。
特に最近の美術学生は「売れなければ意味がない」という歪んだプレッシャーにさらされていて、どうやったらアーティストとして成功できるか、どんな作品をつくれば売れるか、どこにどう売り込んだらいいか、ということにばかり気を取られている人が多いと聞く。精華大学も例外ではないらしく、トーク後の打上げでは「○○ギャラリーから展覧会しませんかと誘われているのだがどう思うか?」とか「△△の公募展に出品しようと思うが、いいと思うか?」などの質問を受けた。自分で足を運んで自分の目で見て自分の頭で考えることでしか、そんな問いへの答えは出てくるはずもない。それより何より、自分の求める表現が形としてできているか、人に見せるレベルに達しているかどうかといった、表現者として当たり前の問いが先に出てこなければならない。細かい技術レベルの話はそのあとでも十分間に合うし、ちょっと間違えてもすぐに修正できる。

僕自身、試行錯誤をしながら仕事を進めている身で、偉そうなことを言える立場では全くない。ただ、同じアートというフィールドに身を置く同業者(広い意味での)として、一緒に仕事がしたいと思える人が一人でも多く出てきてほしいとは思う。そして、「アート」と「仕事」との狭間で高等教育機関が果たすべき役割についても、いろいろと考えさせられる一日だった。
刺激的で愉快な機会を与えてくださった安喜さんに感謝したい。

a0123573_16522915.jpg
井上信太氏。時間が短く、ワークショップなど様々なプロジェクトのごく一部しか聞けなかったのがもったいなかった。

a0123573_16524491.jpg
林ケイタ氏。映像作品をまとめた動画を流しながらのトーク。VJのようなノリでテンポのよい話術。

a0123573_1653121.jpg
3人揃っての座談会、質疑応答。
[PR]
by hrd-aki | 2010-08-21 17:15 | イベント

国家戦略としての文化的貿易赤字

「世界の名品を借りやすく 美術品の被害、国が補償へ」という見出しで、朝日新聞の電子版に出ていた記事について。

http://www.asahi.com/culture/update/0816/TKY201008160388.html

「……近年、美術品の評価額が国際的に高騰。ゴッホ展の総評価額が約4千億円にのぼった例もある。またテロや自然災害などで保険料率も上昇し、2001年の「9・11テロ」後は約2倍になったという。国内でも一つの展覧会の保険料負担は、数千万円から数億円にのぼるといわれる。その結果、作品数を大幅に減らしたり、開催を断念したりする事例があるという」(同記事より)

ということで、海外の美術館などから展覧会のために作品を借りる際に、保険の肩代わり的に国が国家予算で損害を補償しますよ、という制度を文化庁が創設することを決めたという内容だ。「作品の保険料の高騰による美術館の負担を軽くし、世界の名品を集めた展覧会を開きやすくする」と記事にはある。

いやいや、ちょっと待ってくれよ、と思わずにはいられない。今の日本で国家政策として「世界の名品を集めた展覧会を開きやすくする」なんてことをする必要が本当にあるのですか、と。

やや意外なことに日本は世界屈指の「美術館大国」であるらしく、1年間に美術館に足を運ぶ人の延べ人数は世界最高なのだと聞いたことがある(正確な数字までは覚えていないが)。あちこちの美術館や博物館、はたまたデパートでも「○○美術館展」だの「□□美術館の至宝展」だのが次から次へとひっきりなしに開催されている。メジャーな美術館からメジャーな作品がやってくる展覧会になると、必ずと言っていいほど入場待ちの行列ができる。人が多すぎて作品を見ようにもじっくり見ることもできない。臨時のミュージアムショップにはおよそ展示作品とは関係のないチーズやワインまでが並び、そしてそれらのグッズの売上は大きな収益を生み出している。

その意味で、「呼び屋」によるこれらの海外コレクション展は確かにニーズがあり、大きな消費活動を惹き起こしていることも間違いない。それをさらに促進しようというこの「借用美術品国家補償制度」は、現状の考え方の延長線としては、出てくるべくして出てきたアイディアなのかもしれない。
しかしながら、日本という国家・国民がこれからの進むべき方向性として、巨額の予算を注ぎ込む大事業として名品・傑作を欧米から借り受けてブロックバスターの大混雑展覧会を開いていくことが、そしてそれを国家戦略として後押ししていくことが、果たして正しいことなのだろうか? そんなことが本当に求められているのだろうか?

海外旅行もそう簡単にはできなかった時代には、こうした借り物展覧会が日本の文化向上のために一定の役割を果たしてきたことを否定はしない。今や、ルーヴルだろうがメトロポリタンだろうがボストンだろうが、行こうと思えば(それなりの時間と金はかかるものの)さほどのハードルなしに行ける時代なのだ。そこに行けば、実際にその美術館、博物館で展示されている理想的な状態で作品を鑑賞することができるという大きなメリットもある。

国家予算を、税金を使うのであればむしろ、日本の文化や美術、芸術を海外に向けて積極的に発信し、日本という国に対する理解度や好感度を世界各国で高めていくことのほうが、今の、そしてこれからの日本の国益にかなうのではないだろうか? 国内のオーディエンスをターゲットにした話であれば、わざわざ海外から借りてこなくたって、日本国内にも見るべきもの、見せるべきものはまだまだたくさんある。

公立の美術館で開催される借り物展覧会の多くは新聞社やテレビ局の文化事業部の企画運営によるもので、美術館側は単なる貸し会場に堕してしまっているというケースも多い。結局この新制度で得をするのは新聞社やテレビ局、ということなのだろう。そうして、文化的貿易赤字は一向に解消されることなく続いていくことになるのだろう。

a0123573_2338194.jpg

a0123573_23385318.jpg

a0123573_23383914.jpg

写真は国立新美術館の「オルセー美術館展」から。
[PR]
by hrd-aki | 2010-08-19 23:49 | 雑感