京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
関連アーティスト情報【201..
at 2018-09-18 02:32
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

地方文化通信:直島・李禹煥美術館 (2)

(1)からのつづき

「李禹煥美術館」の建設計画は2007年に始動した。世界的なアーティストと建築家のコラボレーションというと、多くの衝突と紆余曲折を予想させるが、プロジェクトは実際には意外なほどスムーズに進行し、3年あまりという短期間で完成、公開に至っている。それには、李と安藤がもともと以前から旧知の仲であったことももちろんあるだろうが、二人がアートと建築の関係について共通の理想像を抱いていたからこそ、調和に満ちた瞑想的な空間が生まれるべくして生まれたと見るべきであろう。



筆者が直島を訪れたのは、ちょうど「瀬戸内国際芸術祭2010」が開幕して1週間ほどたった時期であり、学校も夏休みに入ったばかり。平日にもかかわらず多くの学生や家族連れ、また海外からの観光客の姿も数多く目にした。

「瀬戸内国際芸術祭2010」は、福武總一朗(ベネッセホールディングス会長、直島福武美術館財団理事長)が総合プロデューサーとして実現させた現代アートの祭典だ。直島、豊島(てしま)、小豆島(しょうどしま)などの瀬戸内海東部の島々と、岡山県(本州)、香川県(四国)という両岸を含む広域エリアを結びつけて多くの人々を呼び込み、アートを通じて地域全体を活性化させることを目的としている。

フェリーや高速船で島から島へと移動し、島のあちこちで制作・設置された作品を歩いて見て回り、あるいは美術館を訪れる。2008年に犬島アートプロジェクト「精錬所」が公開となった犬島にも、芸術祭に合わせてアーティスト・柳幸典と建築家・妹島和世、アートディレクター・長谷川祐子らのコラボレーションによる犬島「家プロジェクト」が新たに展開された。直島ではアーティスト・大竹伸朗が手がけたアート施設兼公衆浴場「直島銭湯『I♥湯(アイラヴユ)』」(2009年オープン)も人気のスポットだ。

瀬戸内の豊かで変化に富んだ自然と景観、ユニークで実験的な現代建築、また一日に数往復しかしない船以外にアクセスの手段がないという仕掛けも、非日常性をより際立たせ、芸術祭におけるアート体験を特別なものにしている。



芸術祭に先立ちオープンした「李禹煥美術館」に目を戻すと、ここもまさに自然と建築とが一体化した特別なアート体験の理想郷だ。「柱の広場」のベンチに腰を下ろすと、作品「関係項―点線面」の背景の山の中に、作品に使われている石と同じような色合いの茶褐色の岩塊が木々の間から覗いていて、あたかも作品が山の中にまで拡張されているかのような錯覚を受ける。美術館の作品に使用されている自然石は実は直島産ではないのだが、対岸の岡山県で李自身が長い時間をかけて探し、選び出したものだ。瀬戸内エリアで産出する自然石を使うことで、作品を地域の環境や自然の中に溶かし込もうとする李の態度は、館のメイン部分を半地下の構造とすることで周辺の景観との調和を図った安藤のランドスケープデザインに対する姿勢と相通ずるものがある。

李禹煥と安藤忠雄という同時代の希有な才能の融合であると同時に、鑑賞者、作品、建築、そしてそれを取り巻く海や山、そのすべてがゆるやかに交感する場。「李禹煥美術館」は、21世紀の美術の役割や美術館のあり方について多くの示唆を与える実験場でもあると言えるだろう。

(了)

***

a0123573_1421260.jpg
自然石とコンクリート柱を配した「柱の広場」。

a0123573_1422970.jpg
直島の旅館「みなとや」の食堂にかかっていた李禹煥の色紙。
[PR]
by hrd-aki | 2010-10-18 01:47 | 雑感

地方文化通信:直島・李禹煥美術館 (1)

以前に犬島アートプロジェクトについてレポートした仁川文化財団発行の雑誌「PLATFORM」からまた原稿の依頼があって、今度は直島に今年オープンした「李禹煥美術館」についての短い記事を書いた。例によって掲載記事は韓国語に翻訳したもののみなので、ここに原文の日本語のレポートをアップしておこうと思う。

a0123573_130830.jpg

a0123573_1302315.jpg

***

山沿いに曲がりくねりながらアップダウンの続く舗装道路を歩いていくと、右手側にコンクリートの長い壁が姿を現す。ミニマルアートの作品のような佇まいで、風景を分断し視界を遮るこの灰色の衝立が、「李禹煥美術館」の入り口を示している。

壁沿いに刻まれた階段を下りきると、壁が切れた向こう側には海岸へと草地が広がり、そこには茶褐色の巨大な自然石と鉄板を対置させた李禹煥の立体作品「関係項―対話」が置かれている。振り返ると、無機質な灰色の目隠しに見えたコンクリートの壁が、風景に違和感なく溶け込み、李の作品の延長のようにも見えてくる。ここが豊かな直島の自然の風景をもその中に取り込んだ、やわらかく開かれた「場」であること――何を閉じ込めるでもなくただそこに立つ端正なそのコンクリートの壁が、そんなこの美術館のあり方を示唆していることに気付かされる瞬間だ。



「ベネッセハウス ミュージアム」(1992年開館)、「地中美術館」(2004年開館)に続き直島の美術館としては3館目となる「李禹煥美術館」は、直島では初の個人美術館であり、韓国出身の美術作家・李禹煥自身にとっても自らの作品だけが並ぶ初めての恒久展示となる。建築を担当したのは、日本を代表する建築家・安藤忠雄だ。

李禹煥、安藤忠雄ともに、改めて詳しく紹介する必要のないほど著名な存在なので、ここでは簡単にその業績についてまとめるだけにとどめたい。李禹煥は韓国・慶尚南道出身、若くして渡った日本を拠点に活動し、近年はフランスを中心としたヨーロッパでの制作・発表を通じて、国際的にその名を知られている。2011年にはニューヨークのグッゲンハイム美術館での個展も予定されている。日本大学の哲学科卒であり、日本の20世紀美術の最も重要な運動のひとつ、「もの派」の理論的主導者となるなど、理論家でもあり論客でもある、異能のアーティストだ。
 安藤忠雄もその経歴の異色さでは李禹煥と通じる、むしろ李を上回るとも言えるだろう。大阪出身の安藤は高卒で、建築は独学で身に付けた。よく取り上げられるようにプロボクサーだったこともある。今や世界で最も影響力のある建築家のひとりとして数えられ、近年は美術館などの公共施設や巨大プロジェクトの仕事も多い。「李禹煥美術館」に先行する直島の2つの美術館も安藤の手によるものだ。

コンクリートの柱がシンボル的にそびえる「柱の広場」から、安藤建築の代名詞ともなっているコンクリート打ち放しの高い壁に囲まれた回廊を通り、天井のない半屋外の「照応の広場」から展示室内へと、導線の中に李の作品が自然な形で存在している。「李禹煥美術館」では、建築は作品を並べて展示するためだけの容れ物ではなく、李禹煥の作品世界をより深く体感するための場の創造に積極的な役割を果たしているのだ。その意味で、一人のアーティストの作品を紹介しその活動を顕彰する、従来的な意味での個人美術館とは大きく趣を異にしている。

1970年代から2009年までの平面の代表作を展示した一室(「出会いの間」)を除いて、すべての展示室には作品が1点だけ展示されている。そしてそれらの作品はすべてこの美術館の、その部屋のために制作されたものだ。いや、「その部屋のために」という言葉はふさわしくない。建物と作品が主従関係ではなく一体として在ることで、さまざまな思索にふけることのできる豊穣な時空間を創出しているのだから。

(2)につづく
[PR]
by hrd-aki | 2010-10-18 01:34 | 雑感

伊賀美和子個展「悲しき玩具ーThe Open Secret」

写真作家・伊賀美和子の個展が東京のベイスギャラリーで開催されている。初日(10月1日)のオープニングに顔を出してきた。

ベイスギャラリーは僕の以前の職場で、在籍時には伊賀さんの海外初個展をソウルでコーディネートしたこともある。伊賀さんは小さな人形やフィギュアを使って現代社会の人間関係や欲望を戯画化した作品を一貫してつくり続けている。ご本人もとてもチャーミングな女性だ。

前回のベイスギャラリーでの個展は、グラムブックスから発売されたフォトブック「Madam Cucumber」の発売に合わせた出版記念展的な性格もあったのが、今回は純粋な新作展。英語の詩の一節に合わせたりそこから敷衍させたりした場面を描写していた前回の作品群から比べると、イメージが言葉から離れて拡散し、自由に展開しているように見受けられる。作家自身の分身とも言える「マダム・キューカンバー(きゅうり夫人)」の物語を踏襲した作品も見られるが、それとは関係のない図像や登場人物(人形)も立ち現れてきて、物語世界は広がりを増している。同時に、より残酷で陰惨な光景も直截的に提示されるようになっている。

必死で深刻かつユーモラスな人形たちの所作や、赤裸裸な場面を「救いようがないなあ」とニヤニヤ笑いながら見ていて、しかしそこに「救いようのない」自分の一部分を見つけてヒヤッとする、そんな力はより強くなっているように思われた。

a0123573_263270.jpg

a0123573_262246.jpg

展示は11月10日まで。日曜休廊。
http://www.basegallery.com/
[PR]
by hrd-aki | 2010-10-17 02:11 | レポート

変化と保存

東京というのは絶え間ない変化によって自らを支えている都市なのだと改めて思う。変化そのものがアイデンティティというか。
以前務めていたギャラリーが移転前にあった京橋(大阪の京橋ではない)を通りがかったのだが、中央通りと鍛冶橋通りの交差点の2区画の古いビルが取り壊され、更地になっている。どちらも大きなビルが建っていた広い敷地だ。東京駅再開発の延長で新しい高層ビルがにょきにょきと建つ予定らしい。確か映画美学校も入っていた、結構重厚で威厳のある昭和建築の雑居ビルも、今は跡形もない。

京都に住みはじめてから時々東京を訪れると、全く別の価値基準がこの新旧の首都を律していることがビビッドに感じられるようになった。2つの都市が、お互いを補完するように、「変化」と「保存」というそれぞれの役割を極端なかたちで遂行しているようにも見える。

個人的には東京のダイナミックさ、容赦のなさが好きで居心地も良いのだけれど、東京には古いものが残っていないかというとそういうわけでもなく、そのバランス感覚がわかっているから安心して変化を受け流し噛みこなせるということもあるのかもしれない。

「古きもの」=「良きもの」では必ずしもないということ、「保存」も「変化」の一形態にすぎないということ、などなどについて思いを巡らせている。

a0123573_2333147.jpg
[PR]
by hrd-aki | 2010-10-03 13:50 | 雑感