人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2019-08-10 22:41
清州訪問記 (2)
at 2019-08-10 04:17
清州訪問記 (1)
at 2019-08-10 03:41
タクシードライバー・イン・ソ..
at 2019-08-07 15:00
「Boundaries」展パ..
at 2019-07-31 17:25
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「GOLD EXPERIENCE 2 〜金鯱によせて」展

2010年5月に韓国ソウルのHyun Galleryにて「GOLD EXPERIENCE〜日韓現代金箔絵画」というグループ展を企画・開催した。日本と韓国で、金箔や金属箔を画材として使用した絵画を制作している6人の作家の作品を展示する日韓国際交流展だった。当初から日本にも巡回開催する計画はあったのだが、準備に時間がかかり、約2年後となるこの3月に愛知・名古屋で開催できる運びとなった。

今回の「GOLD EXPERIENCE 2 〜金鯱によせて」には、2010年のソウル展の作家のうち、黄金背景テンペラでシュールレアリスム的な画面を描くソン・ジュンドクが参加できず、かわりに韓国から、絵画からインスタレーションまで幅広い発表を行っているハン・ホ、さらに日本人作家としては西陣織の箔の技法を絵画に応用した作品を制作する野口琢郎と、2人の作家が新たに加わり、総勢7名による展示となっている。

名古屋と小牧と、愛知県内の2会場で展示は行われる。名古屋の会場は愛知県立芸術大学サテライトギャラリー。名古屋の繁華街の中心に位置する栄にある大学の展示スペースで、ホワイトキューブと言ってよいクリーンな展示空間だ。

第2会場は小牧市にある歴史ある住宅「旧竹内邸・常懐荘」。昭和初期の典型的な和洋折衷様式で建てられた邸宅で、愛知産業大学の前身である愛知高等女子工芸学校の創設者である竹内禅扣(ぜんこう)の私邸だった文化財級の建物だ。襖絵や調度にも意匠が凝らされたこの建物を、3月10日と11日の土日2日間のみ、オープニング特別展示として公開し、小品中心に各所に作品も展示する。10日のオープニングレセプションではアーティストトークも予定している。

さらにこの2日間、常懐荘では、参加作家のひとりである木村了子による観客参加型のゲーム作品「常懐荘の兄弟(ふたり)〜出逢い編」も開催する。これはいわばリアル双六、あるいはシミュレーションゲームとも呼べるようなもので、木村了子作品に登場する「イケメン兄弟」が常懐荘を案内するというかたちで建物の各部屋を巡り、ゴールを目指す。木村は以前に「婚活♥双六」という版画作品を制作しているが、今回の試みはそれを体験的作品へと一歩進めたものになる。

常懐荘の外観と、ロビー部分はこんな感じ。どこか懐かしさを感じさせる建物だ。

a0123573_152537.jpg

a0123573_1531438.jpg

この展覧会のメインテーマはもちろん「金箔」だが、もとより「金」や「箔」そのものの歴史的位置づけや象徴性の再考にとどまらず、画材や技法と表現テーマ・主題との関係性や相互連関、またさらにはデジタル/バーチャル時代における絵画の物質性(手触りや重さ、質感など)が持つ意味など、絵画と美術にまつわるより深く多義的な問いに向けての入り口となるような展覧会とすることを狙いとしている。

名古屋や愛知近辺の方はぜひご来場・ご高覧いただきたい。詳細はHRD FINE ARTのウェブサイトにて。
http://www.hrdfineart.com/exb-gold2nagoya12.html

a0123573_1432455.jpg

a0123573_144850.jpg

***

HRD FINE ARTウェブサイト
http://www.hrdfineart.com/exb-gold2nagoya12.html

facebook上のイベントページ
http://www.facebook.com/events/297454866985757/
by hrd-aki | 2012-03-06 01:43 | 展覧会企画