京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2018-11-23 14:34
次回展覧会:ホン・ジョンピョ..
at 2018-10-17 01:47
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-16 23:20
関連アーティスト情報【201..
at 2018-10-13 04:40
改装のこと (5) 壁紙はがし
at 2018-10-03 03:46
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「GOLD EXPERIENCE 2」展示風景 (2)

(1)愛知芸大サテライトギャラリーの展示風景からのつづき。小牧の旧竹内邸・常懐荘での展示風景。

a0123573_18183191.jpg
白河ノリヨリの作品。納戸の襖絵の意匠と奇妙にマッチした。

a0123573_18185577.jpg
洋間のパク・ヒョンジュ作品(右側の2点)と木村了子作品。

a0123573_18191689.jpg
洋館2階踊り場のイ・チオンの小品。

a0123573_18203249.jpg
洋館の2階の座敷を使用した安喜万佐子と林ケイタのインスタレーション。常懐荘の天袋の板戸に描かれている蝶をモチーフに、キャンバス地に金箔を施した切り抜きの蝶が回転台の上で回転する。そこにプロジェクターの光が当たると、回転する蝶の羽に反射した光がゆらめきながら室内を照らす。常懐荘の場所性を汲み上げ、金箔と光を効果的に活かした幻想的なインスタレーションになった。

a0123573_18194955.jpg
玄関口には木村了子のゲーム作品「常懐荘の兄弟(ふたり)」のスタートの説明とドローイング。これは、常懐荘に住む架空のイケメン兄弟に展覧会場を案内してもらうという設定で、兄弟それぞれの質問に対する答えを選択肢から選びながらゲームを進めていく。

a0123573_1820851.jpg
これが「常懐荘の兄弟」のゲームの一場面。木村了子の作品と、ストーリーブックが設置されていて、自分が選んだ回答のアルファベットに合わせたストーリーブックをめくると、次の場面に進んでいけるようになっている。

ゴールまでたどり着くとハッピーエンド、ノーマルエンド、バッドエンドという3つのエンディングが待ち受けている(ハッピーエンドなら恋愛成就、バッドエンドなら残念ながら脈なし)。意外とたくさんの方がハッピーエンドを達成したようだ。

a0123573_1821960.jpg
2日間の展示の初日に行ったアーティストトークで、ゲーム作品について説明する木村了子。

a0123573_18205850.jpg
スライドで作品制作プロセスについて説明する野口琢郎。スライドは電気ごてと硫黄を使って銀箔を焼いて変色させているところ。

a0123573_18212437.jpg
アーティストトークは和室を2つつないで大広間のようにしたスペースで開催した。

天候にも恵まれ、2日間という短い公開ながら多くの方にご来場いただくことができた。この場を借りて感謝。

***

HRD FINE ARTウェブサイト
http://www.hrdfineart.com/exb-gold2nagoya12.html

facebook上のイベントページ
http://www.facebook.com/events/297454866985757/
[PR]
by hrd-aki | 2012-04-03 20:05 | 展覧会企画

「GOLD EXPERIENCE 2」展示風景 (1)

会期終了からもうすでに2週間ほどたってしまったが、前回のブログで紹介したとおり名古屋と小牧の2会場でグループ展「GOLD EXPERIENCE 2〜金鯱によせて」を開催した。

名古屋の展示会場は愛知県立芸術大学のサテライトギャラリー。愛知芸大自体は名古屋ではなく長久手市というところにあるのだけれど、愛知県の県庁所在地である大都市・名古屋との関係性という観点から、このサテライトギャラリーを開設したと聞く。栄の繁華街の真ん中にあり、アクセスは至便。ただ、オフィスビルの3階にあり、なかなか外からはギャラリーの存在がわかりづらいのが難点だった。しかしスペースはクリーンで本道のギャラリーそのものといったところ。メインの展示室には平面を中心に、そして奥の会議室的なスペースには安喜万佐子と映像アーティスト・林ケイタのコラボレーションによる絵画+映像インスタレーションを展示した。

もう一方の小牧会場は、旧竹内邸・常懐荘という、昭和初期に建てられた当時の典型的な和洋折衷形式の住宅。こちらは、出品作家の小品を中心とした作品を点在させ、また安喜万佐子+林ケイタの絵画+映像インスタレーションも小規模かつサイトスペシフィックな常懐荘バージョンを展示。さらには木村了子による参加型恋愛シミュレーションゲーム作品「常懐荘の兄弟(ふたり)」が館内各所に展開した。オープニングの3月10日には参加アーティストによる作品解説のアーティストトークも行った。

以下、展示の様子などを写真でご紹介。まずは愛知芸大サテライトギャラリーから。

a0123573_17144323.jpg
展示室全景。

a0123573_1715359.jpg
反対方向からの全景。

a0123573_17152927.jpg
右2点がハン・ホの作品、左の3点が木村了子の作品。ハン・ホの作品は厳密な意味での「箔」は使用していない。いわば疑似金箔を使用したコラージュ作品。木村了子の作品の左2点は常懐荘での恋愛シミュレーションゲームとも関連している、「龍男」と「鯱男」。

a0123573_17162833.jpg
右2点がイ・チオン、左側がパク・ヒョンジュの作品。パク・ヒョンジュの作品は木製のブロックの上下左右の側面にテンペラ絵画の技法を用いて金箔を施し、照明による光の反射と影と、色面の組み合わせで空間を創出している。イ・チオンの作品は扱いづらい箔を敢えてコントロールせずにランダムに画面に散らすことで偶然性を含む絵画的効果を生み出している。

a0123573_17165627.jpg
右4点が野口琢郎の作品。箔の定着のために漆を接着剤として使用するという特殊な技法を用いている。左の2点は白河ノリヨリの作品。アルミニウム箔を下地としてその上に描画している。

a0123573_17171032.jpg
安喜万佐子と林ケイタのコラボレーションによるインスタレーション。

a0123573_17172221.jpg
金箔を使用した風景画12点の連作と、プロジェクターによって変化する雲の動きを捉えた映像を投影した壁面を対置させ、風景/光の変化が金箔の画面に与える変化を提示している。

(2)の常懐荘の展示風景につづく

***

HRD FINE ARTウェブサイト
http://www.hrdfineart.com/exb-gold2nagoya12.html

facebook上のイベントページ
http://www.facebook.com/events/297454866985757/
[PR]
by hrd-aki | 2012-04-02 18:44 | 展覧会企画