人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
「アートフェアアジア福岡20..
at 2019-08-10 22:41
清州訪問記 (2)
at 2019-08-10 04:17
清州訪問記 (1)
at 2019-08-10 03:41
タクシードライバー・イン・ソ..
at 2019-08-07 15:00
「Boundaries」展パ..
at 2019-07-31 17:25
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「GOLD EXPERIENCE 2 ~金鯱によせて~」図録完成

2012年3月に愛知県の名古屋市と小牧市の2会場で開催した「GOLD EXPERIENCE 2 ~金鯱によせて~」の図録。各方面からのご協力をいただいて、展示風景を収録した記録集も兼ねたかたちで、展覧会から1年後にようやく完成した。

4月にはすでにできあがっていたので、このブログでのお知らせもだいぶ遅ればせになってしまったが、一応告知だけはしておこうと思う。

定価1,000円で販売中。ご興味のある方はメールにてお問い合わせください。

a0123573_0572512.jpg

a0123573_0574054.jpg

a0123573_0575558.jpg

a0123573_0581090.jpg


***

「GOLD EXPERIENCE 2 ~金鯱によせて~」展の詳細情報はこちら。
http://www.hrdfineart.com/exb-gold2nagoya12.html
by hrd-aki | 2013-08-11 01:02 | 展覧会企画

タクシードライバー・イン・ソウル

栗原亜也子が参加している韓国・ゴヤン市のアラム美術館でのグループ展のオープニング・レセプションに参加するために6月に韓国を訪れた。

写真はアラム美術館のグループ展「Heritage 600 Tomorrow 600」の栗原の作品展示の様子。観客参加型の作品もあり、横浜のBankARTのアーティストスタジオと韓国をつないでインタラクティブに制作した作品も8月に入って追加されているので、今では展示の様子はオープニング当時からはだいぶ変化している。

a0123573_071024.jpg

ところで、今回はこの展覧会の話ではなく、滞在中のソウルで乗ったタクシーのドライバーの話が面白かったので、アートとはあまり関係ないけれどそのことについて書き留めておこうと思う。すでに2カ月以上の時間が経過して記憶がだいぶ色褪せてしまっているのだけれど、思い出せるだけのことを書いておこうと思う。

イテウォンでタクシーをつかまえて、マポにあるホテルまで走ってもらった。行き先の指示を韓国語でやったので、どうやら普通に韓国人だと思われてしまったらしく、何か話しかけてくるのだけれどちょっとわからない。日本人だから韓国語わからないんですよ、と告げると、韓国語うまいし(いや、そんなことはない)、顔も日本人らしくなくて韓国人っぽいから(よく言われるけどそうなのか?)韓国人だと思ったよ、などなど定番の挨拶から、ソウル暑いでしょう、いや、日本ももっと暑いですよ(ちょうど関西が猛暑に見舞われていた時期だった)、観光ですか? いや、仕事で、といった感じで当たり障りのない世間話を簡単な韓国語でしていて、どういう話の流れだったか忘れてしまったのだけれどもいつの間にか日韓関係の話になった。

細かいパーマをかけた長髪というロックな(?)外見のドライバー氏の話をざっくりと(多少の脚色付きで)まとめると次のようになる(もちろん僕の韓国語聞き取り能力は甚だ心もとなく、確実に理解できるのは20%ぐらい、30%は類推と推測で補い、50%はさっぱりわからない、という程度なのだけれど、何を言おうとしているのかはわりとはっきりと伝わってきた)。

「ほら、安倍とかがいろいろ言われてるけどさ、あとトクトとか、いろいろ問題になってるけどさ、日本人も韓国人も基本的には同じだと思うんだよね、オレは。どっちにも悪い奴もいるし、いい人もいる。オレも日本人の知り合いがいるけど、とてもいい人たちだよ。実際に会って話をしてみないとわからないよね。だからさ、日本人だからダメとか、韓国人だからいいとか、そういうのはおかしいと思ってるんだよね」

本当はもっといろいろしゃべっていたと思うのだけれど、僕の能力では残念ながらこのくらいしか再現できない。もちろん、韓国語をちょっと話す日本人客に対するリップサービスという面も多分にあったのかもしれないけれど、彼のような公平なものの見方は僕がこれまで何回も韓国に行って出会い話をしてきた韓国人たちから感じるおおかたの皮膚感覚と共通するものだったので、とても自然に聞こえたのだった。何か無理して言っているような感じもしなかった。なによりも、こういう言葉を、英語も日本語も話せない、おそらくそれほど学歴が高いわけでもない、市井の韓国人から韓国語で直接聞くことができたのは初めてのことだったので、とても強く印象に残ったのだ。

よく考えると彼はごくごく当たり前のことしか言っていない。でもなぜこんなに強く印象に残ったのかを考えてみると、韓国の人は日本に対して常にバイアスのかかった見方しかしないというステレオタイプに僕自身が知らず知らずのうちに流されていたということなのではないかと思い当たった。上にも書いたように僕は韓国人の友人も多いし、彼らの多くがどういう考え方なのかも大体はわかっているつもりだけれど、そういう実際の実感とはかけ離れた、メディアによって植え付けられた硬直的なイメージみたいなものが自分の中にもどうしても入り込み、育ってしまう。

それを自然なかたちで気付かせてくれたソウルのタクシードライバー氏には、よほどの偶然でもなければもう二度と会うこともないだろうけれど、「ありがとう」と言いたい気分なのだ。

写真は別のタクシードライバーさんの後ろ姿(本文とは無関係)。

a0123573_073232.jpg

***

栗原亜也子が出品している「Heritage 600 Tomorrow 600」展は、ゴヤン市・アラム美術館にて8月25日まで。

http://www.artgy.or.kr/Foreign/english/aram/current_exhibition.html
by hrd-aki | 2013-08-09 00:30 | 雑感