人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
関連アーティスト情報【201..
at 2019-06-27 03:24
「Boundaries」会期..
at 2019-06-09 03:04
関連アーティスト情報【201..
at 2019-06-01 00:57
「Boundaries」会期..
at 2019-05-26 04:14
「御霊祭を楽しむ会2019」..
at 2019-05-16 16:51
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

冬耳オープンスタジオのおしらせ

HRDファインアートで開催中の二人展「ヤミ」の展示作家の一人、冬耳(ふゆじ)が5月8日と15日(いずれも日曜日)にオープンスタジオ展を開催します。

冬耳は現在、京都・鞍馬口のHRDファインアートの2階のスタジオをレジデンスアーティスト的なかたちで使用しています。ですので、今回のオープンスタジオは「ヤミ展」との同時開催のようなかたちになります。オープンスタジオの当日は、日曜日ですがHRDファインアートも臨時オープンします。

展示作品は旧作が中心で、「ヤミ」展の展示作品とはちょっと違った雰囲気の作品が並ぶことになるようですが、作品が生まれる制作場所を間近に見ることができる貴重な機会ともなります。

普段、日曜日でないと都合がつかないという方も、この機会に「ヤミ」展とあわせて是非お越しください。

● 冬耳 オープンスタジオ展
会場:HRDファインアート 2階 冬耳スタジオ(京都・鞍馬口)
(アクセス:http://www.hrdfineart.com/visit.html
会期:2016年5月8日(日)・5月15日(日)
時間:11:00〜18:00

a0123573_14303496.jpg
by hrd-aki | 2016-04-22 14:31 | おしらせ

名前のこと

どれくらい前のことだったか、そしてそれが新聞だったのか雑誌だったのかも今となっては覚えていないけれど、日本在住のユダヤ系アメリカ人でスティーブンと名乗る人物の読者投稿にこんなことが書いてあった。

自分の名前(ファーストネーム)はStephenと書いて「スティーブン」と読む(実はこれはあまり知られていないけど英語圏では普通の話)。それが、どこかの新聞か何かのインタビューか何かで自分が紹介されたときに、名前が「ステファン」とドイツ風に表記されていた。これは自分にとって屈辱以外のなにものでもない。自分の祖先は第二次大戦時にユダヤ迫害を逃れてフランスからアメリカに渡ってきた。そのユダヤ迫害・虐殺の犯人であるドイツ人と同じ読み方で自分の名前が呼ばれるなんて、決して許すことはできない! 強く抗議したい!

……と、まあ、なんというかものすごく頭が悪くてかわいそうになってしまったわけだけど、まず第一に「ステファン」はフランス語読みであってドイツ語読みではない。ドイツ語なら「シュテファン」。つづりもStefanになる。そのぐらいの基礎知識もなくてよくこんな主張ができたものだと思った。

もちろん、自分の名前が正確に表記されないのはちょっと悲しいことなので(僕も小学生の頃は自分の名前を「あきかず」と正しく読んでもらえる確率はすごく低くて、いつも「かずあき」と呼ばれて、それでも訂正するのが面倒くさくて「はい」と答えてたなあ、と思い出した)、それを難じること自体は別に構わないとは思うけど、それならそれで「私の名前はスティーブンです、ステファンではありませんから間違えないでください」とだけ関係者に要請すればそれで済む話なのではないか?

個人的にドイツやドイツ人が嫌いならそれも仕方ないかなとは思う。家族史に刻み込まれた苦難の記憶はそう簡単には消せないだろう。しかし、ドイツ人であること、あるいはドイツ風の名前を持っていることとユダヤ迫害との間には(少なくとも現在においては)本質的なつながりはない。そんなこと言い出したらジューイッシュはアディダスの製品なんか一切使えなくなっちゃう(アディダスの創業者はナチスの領袖と同じファーストネームの持ち主、アドルフ・ダスラー。「アディダス」の社名はアドルフの愛称アディとダスラーのダスをくっつけたものだから、スティーブン某氏の論理を借りればナチスドイツそのものの名前ということになる)。この主張なら、そもそもドイツ系と混同されてしまうような名前をつけた自分の親を詛うべきだろう。

ナチス関係の名前ついでで思い出したので昔話をもうひとつ。高校の英語の授業で『アンネの日記』の一節(もちろん英語訳の抜粋)が教科書に載っていた。補助教材の音声テープでは、アンネの名前(Anne Frank)を女性ナレーターが英語風に「アン・フランク」と発音している。それを聞いた英語教師が、「『アン』っていうのが正しい読み方なんだな、『アンネ』っていうのは間違いなんだな」と得意気に言っているのを聞いて、いや、それは英語読みだから、アンネはオランダ人だからオランダ語の発音で「アンネ」でいいんだから、それヨソで言うなよ恥ずかしいから、と内心苦々しく思ったものだった。

現在HRDファインアートで開催中の二人展の展示作家のうちのひとり、「冬耳」は、もちろんアーティストネームで、読み方は「ふゆじ」です。「ふゆみみ」と読む人が案外多いようなので、念のため。

http://www.hrdfineart.com/exb-yami16.html
by hrd-aki | 2016-04-11 12:33 | 雑感