人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
新型コロナウイルスについて
at 2020-03-30 02:55
「Framework」展会期終了
at 2020-03-30 02:28
関連アーティスト情報【202..
at 2020-03-19 18:29
ゲリー・デ・スメット個展開催..
at 2020-03-19 03:23
キム・ユンソプ個展開催延期の..
at 2020-02-27 23:32
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「アートフェアアジア福岡2019」に参加して考えたこと

昨年に続いて今年も、福岡で開催されたアートフェア「アートフェアアジア福岡」に出展した。昨年同様、ソウルのSpace O'NewWallとのジョイントで、「HRD+ONW」としての参加だった(詳しくはこちらを参照)が、多くの方々に熱心に作品をご覧いただき、良い出会いもたくさんあり、様々な反応や感想にも触れることができた、忙しくも楽しく充実した3日間となった。

今回が5回目の開催となる「アートフェアアジア福岡」。アジア各国とのアクセスの良さでは日本の中でも屈指の福岡という都市で開催されるアートフェアで、「アジア」と銘打つこともあり、アジアの様々なギャラリーやアーティストが出展・出品していることを期待してしまうのだけれど、今回は日本以外のアジアの国からの出展ギャラリーはHRD+ONWを含めても6軒にとどまっていた(ソウル2、台湾2、香港1、シンガポール1)。

昨年も決して数は多くはなかったけれど、ここまで少なくはなかったと思う。これには様々な要素が絡んでいるのだろうけれども、日本がアートにおいてもマーケットとしての魅力を失いつつあるのではないかと思うとやはり寂しい。あるいはすでにそれは失われてしまって久しいのかもしれないのだが。

そして、韓国からの出展画廊が2軒にとどまったというのは、やはり昨今の日韓関係のこじれとも無関係とは言えないだろう。現に、Space O'NewWallのディレクターのソ・ジュノがフェイスブックに今回の福岡への出展について投稿すると、日本のアートフェアに参加したことを非難するようなコメントが(少数とはいえ)いくつか付いたというから、これは深刻な事態なのだ。日本製品の不買運動なども起こっている状況下で、そのようなポーズを取ることがあるひとつの社会的アピールになっているという部分もあるにせよ。

とはいえ、HRD+ONWのブースで実際に作品をご覧いただいた方々からは、ネガティブな反応は(少なくとも表立っては)全く、ひとつとしてなかったことは明記しておきたい。今回、Space O'NewWallの作家として3名の画家(キム・ヒョンジョン、キム・ユンソプ、チャン・コウン)の作品を展示したが、それぞれ作品や作家に対する関心も高く、好意的な反応がたくさんあり、販売に至った作品もあった。当たり前といえば当たり前なのだけれど、政治的な対立があろうがなかろうが、アート作品の質が変わるわけではない。そんな当たり前のことを当たり前に実感することができたのが、今回の最大の収穫だったのかもしれない。

会期初日、某全国紙の記者の方に簡単な取材を受けた。こういう状況で、韓国から日本にやってきて展示をすることについてどう感じているか、という質問に対して、ジュノは「政治的なこととは関係なく、アートを通じて両国の交流を深めることに貢献できれば」というような答えを返していた。

このインタビューはどうやら記事にはならなかったようだけれど、その「貢献」は、今回の出展を通じてある程度果たすことができたのではないかと思っている。そしてそれを可能にしてくれた、ご来場の観客の皆さん、作品を出品してくれた日韓の作家の皆さん、そしてもちろんフェア事務局の皆さんに、この場を借りて改めて感謝を申し上げたい。

***

作品展示の様子をいくつかご紹介。

「アートフェアアジア福岡2019」に参加して考えたこと_a0123573_02113837.jpg

「アートフェアアジア福岡2019」に参加して考えたこと_a0123573_02113826.jpg

「アートフェアアジア福岡2019」に参加して考えたこと_a0123573_02113842.jpg

最後に記念撮影。左から筆者、Space O'NewWallディレクターのソ・ジュノ氏、同スタッフのカン・サンフン氏。

「アートフェアアジア福岡2019」に参加して考えたこと_a0123573_02113805.jpg

by hrd-aki | 2019-09-13 02:26 | 雑感