人気ブログランキング |

京都・鞍馬口の現代美術ギャラリーHRD FINE ART(www.hrdfineart.com)のディレクターによるアート関係諸々ブログ。時にはアートと無関係な話題もあります。気が向いたら更新。
by hrdfineart
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ギャラリー
展覧会企画
アーティスト
イベント
レポート
雑感
おしらせ
未分類
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 08月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
新型コロナウイルスについて
at 2020-03-30 02:55
「Framework」展会期終了
at 2020-03-30 02:28
関連アーティスト情報【202..
at 2020-03-19 18:29
ゲリー・デ・スメット個展開催..
at 2020-03-19 03:23
キム・ユンソプ個展開催延期の..
at 2020-02-27 23:32
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2019年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タイトル考

美術館の現代美術の展覧会のタイトルについて。「英語タイトル+日本語サブタイトル」みたいなのが最近すごく多い。ように思う。翻訳もやってる人間として、最近ちょっと気になっている。

一種の流行りなんだろうけど、その日本語サブタイトルには多くの場合英訳はつけられてない。ってことは、日本語読めない海外の人がその日本語のサブタイトル見たら「英語タイトルの日本語訳」だと思う、と思うんだよね。でも実際はそれぞれ全然違う言葉で、「英語タイトル+日本語サブタイトル」でひとつのタイトルみたいになってる。

具体例を挙げると角が立つのですごく適当なたとえを挙げると、「Apple is Sweet:これからの時代の彫刻」みたいな感じ。英語タイトルと日本語タイトルが違う内容になっちゃってて、両方が理解できないと内容が伝わらない(この例だとどっちにしても伝わらないんだけど)。Apple is Sweetしか理解できない人にとっては、彫刻の展覧会であることさえタイトルからはわからない。

歌のタイトルとかじゃなくて研究発表としての意味もある展覧会のタイトルなんだから、音の響きよりも言葉の意味を大切にしてほしい。上の例で言うなら「リンゴは甘い:これからの時代の彫刻」でいいじゃないですか。それを英訳して「Apple is Sweet: Sculpture for the New Era」とかすればいいわけで。日英をわざわざ同居させてわざわざわかりづらくする意味がわからない。

まあ、かなりどうでもいいことではある。しかし「リンゴは甘い:これからの時代の彫刻」って、もしかしたら結構いいタイトルかもしれない。いつか使ってみよう。リンゴの彫刻の展覧会に。

by hrd-aki | 2019-12-26 04:47 | 雑感

「アート高雄2019」御礼

先週、HRDファインアートは台湾・高雄で開催されたアートフェア「アート高雄 Art Kaohsiung 2019」に参加出展した。ソウルのギャラリーSpace O'NewWallとの共同出展のプロジェクト「HRD+ONW」として、韓国人アーティスト3名(キム・ヒョンジョン、キム・ユンソプ、チェ・ジェヨン)と日本人アーティスト4名(白河ノリヨリ、寺島みどり、栗原亜也子、田中加織)の作品を展示した。

HRDファインアートとしては、海外のアートフェア出展は2013年の同フェア以来6年ぶりのことだったが、Space O'NewWallのソ・ジュノ代表とスタッフのカン・サンフン氏、そして非常に有能な台湾人通訳スタッフ、そしてもちろん出品作家の皆さんなど、多くの方々のご協力により実りあるフェア出展となった。この場を借りて御礼申し上げたい。また、ご来場くださった皆様、作品をご購入くださった皆様にも改めて御礼申し上げたい。

***

会期中、高雄はずっと穏やかな好天に恵まれ、とても快適に過ごすことができた。ところで、「高雄(たかお)」という街の名前にはちょっと面白い、というか複雑な歴史があるらしい。

もともとこの土地は先住民マカタウ族の言葉で「竹林」を意味する「ターカウ」と呼ばれていた。これに、読みの近い「打狗」という漢字が当てられたのが清朝による統治時代。つまり「打狗=ターカウ」だ。時は流れ、台湾は日本の統治下に入る。すると、「打狗」という地名が「犬を打つ」という意味でイメージが悪いということになり、台湾総督府が「ターカウ」に読みの近い日本語の「高雄」という漢字を当てることを決定する。ここで初めて「高雄=タカオ」になったのだ。

戦後、中華民国の支配下に入った後も「高雄」の当て字は継承され、その中国語読みであるKaohsiung(カオション)が都市名として定着した、という流れになるようだ。幾重にも重なり合った台湾の歴史の複雑さを感じさせられる。と同時に、20世紀前半に日本がアジア諸国に残した様々な影響についても思いを巡らさざるを得なくなる。

ちなみに「打狗」という文字はこの街の古名・愛称として今でも使われることがあるようで、市内でもいくつかの場所で目にすることがあった。

その後、高雄は重工業地帯としての発展の歴史を経て、現在は文化・アートの街としての振興に力を入れている。アート高雄の会場であるホテル「City Suites - Kaohsiung Chenai」のあるPier 2(第2埠頭)エリアも、港湾施設を再利用したアートスポットが数多く立ち並ぶちょっとおしゃれなエリアになっている。

***

ということで、「HRD+ONW」のブースの展示の様子を少し写真でご紹介しておこう。

「アート高雄2019」御礼_a0123573_03544458.jpg

「アート高雄2019」御礼_a0123573_03533050.jpg

「アート高雄2019」御礼_a0123573_03534135.jpg


by hrd-aki | 2019-12-23 04:02 | 雑感

「アート高雄2019」出展のおしらせ

HRDファインアートは台湾・高雄市で開催されるアートフェア「アート高雄2019」に出展いたします。HRDファインアートとしては2013年以来6年ぶりの同アートフェア出展ですが、今回は「HRD+ONW」として、韓国ソウルのギャラリーSpace O’NewWallとの日韓共同出展となります。

アート高雄は2つの会場で開催されますが、HRD+ONWはそのうちのひとつ、高雄市内のホテル「City Suite - Kaohsiung Chenai」の「214号室」が出展ブースとなります。

出品作家は、日本から白河ノリヨリ、寺島みどり、栗原亜也子、田中加織の4名、韓国からキム・ヒョンジョン、キム・ユンソプ、チェ・ジェヨンの3名を予定しています。

お近くの方、また会期中に台湾、高雄にいらっしゃる方は是非お越しください。ご希望の方には入場チケットもお渡しできますので、メールなどでお知らせください。

* * * * *

アート高雄2019
・会期=12月13日(金)〜12月15日(日)
 (プレビュー=12月12日(木))
・時間=12月13日(金)・14日(土)11:00〜19:00、12月15日(日)11:00〜18:00
・会場=City Suite - Kaohsiung Chenai
 (No.1, Dayi St., Yangcheng Dist., Kaohsiung City, Taiwan / https://www.citysuites.com.tw/en/高雄真愛館
・ブース=214号室(出展者名:HRD+ONW)

詳細は以下のリンクをご確認ください。

「アート高雄2019」出展のおしらせ_a0123573_01042871.jpg

by hrd-aki | 2019-12-04 03:52 | おしらせ